お悔やみ 花 葬儀後

葬儀に参列する際に持っていく「香典」ですが、参列できなかった場合は後日渡すのが一般的です。しかし、葬儀後に渡すときは注意しなければならない点がいくつかあります。ご遺族の負担を減らすために贈るとされる香典ですが、マナーに反すると不快感を与えてしまうこともあるでしょう。 教会での葬儀ミサの場合 知人、関係者がお花を贈る際は、代表的な弔花のスタイルのバスケットフラワー(籠花アレンジ)で、故人の自宅に贈るのが原則です。 故人の枕辺に供えられた後、小ぶりなものは、教会や斎場に持ち運ばれ祭壇に飾られます。 供花・スタンド花・花輪は葬式葬儀・告別式にお悔やみの花、お供えのお花として贈る。ご葬儀・お葬式の供花の注文手配、値段相場、送る際の芳名名札等を解説。お返しマナーとお礼の手紙文例も紹介。献花なら仏教は白菊、キリスト教は白い洋花の生花。 全189件 / 5,000円~130,000 円(税別). お悔やみのお花はお供物の1つであるため一般に供花と呼ばれています。 供花は大きく分けて葬式や葬儀にお供えするお花とその後に必要となる法事や法要の際にお供えするお花とがあります。 この花は供花(きょうか)と呼ばれ、遠方で参列できない時や、香典を辞退された葬儀で香典の代わりに送ることもあります。… 続きを見る 家族葬後に弔問する際に知っておきたいこと. 最近では、初七日の法要は葬儀と同じ日に済まされることも多いので、個人で お悔やみ のお花を贈る場合には四十九日へ お供え するのがよいでしょう。 神式では葬儀後の法事として五十日祭や式年祭などが行われますが、その場合も同じ表書きで構いません。 玉串とは神道の神事において参拝者や神職が神にささげる紙垂(しで)や木綿(ゆう)をつけた榊の枝です。 キリスト教の場合. 訃報を葬儀後に知るなどやむを得ず葬儀に参加できないこともありますよね。 お通夜や葬儀、初七日にお供えする花. お悔やみ 葬儀後のご自宅へ 全55件 / 5,000円~30,000 円(税別) ご葬儀、告別式が終わり四十九日法要や月命日など、ご葬儀後の供花のお手配も致します。仏教の世界では亡くなった後7 身近な方やお世話になった方の突然のお知らせを受け取ったあと、故人やご家族へお悔やみの気持ちをこめて花を贈りたいと考える方は多くいらっしゃいます。 このブログでは枕花、供花、献花など、ご葬儀やお悔みにまつわる花について、仏式の場合を中心に詳しくご説明していきます。 葬儀の際に供えられる供物や供花は、日本の葬儀では欠かせないものです。供物とは、葬儀や法要の際に、故人を偲んだり、その魂を慰めたりするためにお供えするもの、供花は、葬儀の際に供えられる花のことを指します。しかし、宗教や地域によって習慣が異なる また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 故人の冥福を祈り、最後の別れを告げるために執り行われるのが葬儀です。 そういった重要な意味をもつ葬儀は故人と親しい間柄であればあるほど、大切な儀式になりますよね。 しかし葬儀の知らせが急だったり、体調不良であったりやむを得ない理由で葬儀に参列できないこともあります。 では葬儀に参列できない場合、どうやってお悔やみを伝えればいいのでしょうか? 今回「終活ねっと」では葬儀後に供花を贈り、ご遺族へ … 親しかった方の訃報を後から知り、すでに葬儀後だった、ということもあるのではないでしょうか。では、葬儀後にお供え物を渡す際はどのように渡せばよいのでしょうか。お供え物の相場やのしの包み方まで詳しく解説いたします。 何らかの理由で訃報を後で知ることはあります。その場合、葬儀後の供物、香典や挨拶はどのようにすればいいのでしょうか? 今回は、お葬式が終わったあと、訃報を後で知った場合などにどうすべきか、挨拶・香典等の対処について解説いたします。 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 全102件 / 5,000円~130,000 円(税別). お悔やみの言葉とは、故人を悼み遺族を思いやってかける言葉です。通夜や葬儀の場というのは非常にデリケートです。お悔やみの言葉を述べる際は、故人や遺族の方々に失礼のないよう十分に注意する必要があります。そこで、今回は「ご愁傷さまです」「お悔やみ お供え・お悔やみのお花です。故人を偲び哀悼の意を示すお花を、ご葬儀や法要、命日や日々のお供えなど、目的に合わせてお選びいただけます。ひとつひとつをお花屋さんが手づくり・手渡しで真心を込めてお届けいたします。 葬儀後はご香典やお供えをくださった方々にお礼の気持ちを込めて手紙を書くと丁寧です。今回は葬儀の後に出す手紙の書き方について詳しく解説いたします。香典返しの品に付ける手紙やお供えのお花へのお礼状など、葬儀後の各場面に合わせた文例もご紹介します。 最近では身内だけで葬儀をして葬儀後に知人などへ訃報を伝えるケースが増えています。葬儀後に訃報を知った場合香典やお花をどのように渡したらいいのでしょうか。葬儀後にお花や香典を渡す際の注意点などについて解説します。, 葬儀後に送られてくる挨拶状や喪中のはがきで訃報を知った場合、弔意を表すのに香典やお花を送ることがありますが、具体的にどのように贈ればいいかご存知でしょうか。今回「終活ねっと」では葬儀後に送るお花について種類、金額、渡し方などを紹介します。, 「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, お花は亡くなった方のご供養のために供えますが、同時にご遺族の心を慰めてくれるものです。そのためお花を送りたいと考える方もいらっしゃることでしょう。しかしながらマナーを守らなければお相手に不愉快な思いをさせてしまうかも知れません。ご自宅へ伺ってお渡しする方法や郵送で送る時の注意点、お花の種類、金額相場などについて説明します。, 弔問してお花を渡す場合は、ご遺族の都合のいい日をあらかじめ電話などで確認してから伺うようにします。四十九日までは弔問客が来ることを想定して準備している方も多いようです。訃報を知ってからあまり時間をおかずに葬儀終了後3日以降四十九日の間に伺うとお相手の気持ちの準備もある程度整っていると言えるでしょう。水気のある生花はお宅へ訪問した際、玄関でお渡しするようにします。, 遠方などの理由で弔問へ伺うことができない時は、郵送で送ることもできます。自宅から通いやすいお花屋さんへ出向いて手配をすると不明点など直接聞ける点では安心ですね。しかしながら、インターネット上だけでお花の手配をすることが出来るサイトもあり、忙しい人に便利です。お花を郵送で送る場合気を付けたいのは、葬儀後はご遺族も何かと手続きが多く留守がちになるということです。日程や時間帯など在宅がわかっている時に送りたいものです。もしいらっしゃるかわからない場合は電話でご都合を問い合わせするのもよいかも知れません。, 葬儀後にご自宅にお供えするためお花はいくらくらいのものが妥当なのでしょうか。一般的には5千円~1万円が相場のようです。, お花の種類は、菊、カーネーション、胡蝶蘭などが一般的です。とげのあるバラや毒性のある花はタブーとされます。全体的に白を基調として紫など淡い色合いの花を混ぜるのがよいでしょう。何かと忙しいご遺族へ送るには、手入れが少なくて済むフラワーアレンジメントがおススメです。お花を欠かせない四十九日までの期間にお供えするのにプリザーブドフラワーが重宝します。しかしながらプリザーブドフラワーは加工を施して枯れにくくしています。そもそもお花は命のはかなさを知るために飾るものであるという考え方もあります。宗派やご遺族のによってはタブーとなることもありますので、プリザーブドフラワーはお相手へ確認してから送るのがよいかも知れません。, 葬儀後に香典をお渡しするにはどのような方法があるのでしょうか。ご自宅へ伺ってお渡しする場合や郵送する方法などがあります。金額相場や、注意すべきことなどを解説します。, お花を持参する場合と同様、ご遺族の都合を確認してから伺います。弔問する際の服装は喪服は避け、地味な色合いの服を着ます。男性ならばダークスーツと白いワイシャツ、女性は地味な色合いのスーツ、ワンピースなどがよいでしょう。結婚指輪以外のアクセサリーは外します。ご自宅へ伺い中へ通していただいた後仏壇に手を合わせます。その後持参した香典をお渡しします。香典は紺や紫色の袱紗(ふくさ)に包んで持参しましょう。亡くなった原因など深いことをきくのはマナー違反です。少しお話ししたら長居せずにおいとましましょう。, 遠方などでご自宅へ伺えない時は香典を郵送するという方法があります。郵送する際は郵便局へ行って現金書留で送るのが確実です。郵便局では現金書留用の封筒が売られていますのでそちらを使います。現金書留用封筒には、現金をそのまま入れる大きさのものと不祝儀袋が入る大きさのものがあります。不祝儀袋が入る大きさのものを選んでください。宛先には喪主の名前と住所を記載します。お悔やみの内容をしたためた手紙を入れて送ると丁寧です。, 現金書留で送る際にも不祝儀袋に包むのがマナーです。不祝儀袋は飾りが立体的でない平らなタイプを選ぶとかさばらないので便利です。表書きには四十九日までは「御霊前」、四十九日以降は「御仏前」と書きます。不祝儀袋にも送り主の住所、氏名を書くようにしましょう。記載する時は薄墨の筆ペンなどを使います。, お悔やみ事に贈る場合、一般的に新札は使わないのがマナーとされています。とはいえ汚れがひどかったり破れたりしているお札は失礼にあたりますので避けましょう。手元にどうしても新札しかない時は、一度折って線を付けるといいでしょう。, 生前のお付き合いの親密さにもよりますが、職場関係や隣人関係であれば5千円~1万円が一般的な相場です。親戚などでは3万円~5万円程度です。ただしご自身の年齢や地域性もありますので、迷った場合地域に長くいる年配者などに聞いてみるといいでしょう。, 元々香典はご遺族の金銭的負担を減らすため相互扶助の精神で行われたものです。ですから手紙などでご挨拶すれば、必ずしも品物をお渡ししなければならないというものではありません。しかしながら最近では香典や供物、供花をいただいたことへ品物をお渡しすることが増えてきました。お礼の品としてどのようなものを選んだらよいのでしょうか。お礼の品の金額やタイミングなどを説明します。, お返しの品としてどのようなものが適しているのでしょうか。使うと消えてなくなる消耗品を選ぶといいでしょう。不幸を後に残さないという意味が込められています。具体的には、お菓子、コーヒー、お茶、タオル、石鹸、洗剤などが一般的です。最近ではお相手の好みに合わせて頼んでいただけるようカタログギフトを贈る人が増えてきました。特にお礼の品が3万円以上になるような高額な場合は、ホテルや高級料亭での食事が楽しめるカタログギフトをお礼に選ぶ人が多いようです。逆に贈ってはいけないものというのはあるのでしょうか。仏教では肉・魚など殺生を連想させるものや、お酒などは避けた方がいいものと言われています。, お返しの金額相場ですが、いただいた額の1/3~半額(半返し)が一般的とされています。亡くなった方が一家の大黒柱であった場合は1/3の額や品物でのお礼を省略してお礼状のみ送る場合もあります。親戚などが少しでも援助をしたいという思いから高額な香典をくださることがあります。その場合は、無理して半返しにこだわって高額なお品を渡すのはお相手の本意ではありません。香典額が3万円を超えるような場合は、半返しにこだわる必要はなく、1/3や1/4の額でも失礼にはあたらないでしょう。, お礼は忌明け(仏教であれば四十九日が一般的)に行うものです。もし忌明け前に香典などをいただいた場合、忌明けから1カ月以内に先方のお手元に届くようにします。忌明け後に香典などをいただいた場合、受け取ってから1週間~10日後までに先方のお手元に届くように手配をします。, 香典や供花をいただいた方へ出すお礼状はどのように書けばよいのでしょうか。お礼状を書く際のポイントは以下の通りです。, 四十九日前に香典、供花をいただいた場合は無事に四十九日の法要を終えたことの報告をする。, 上の挨拶文は四十九日までに香典や供花をいただいた方へ対する文です。もし四十九日をかなり過ぎてから香典などをいただいたお礼をする時は、例文中にある「お陰をもちまして~四十九日の法要を滞りなく済ませることができました」の文言は入れない方が適切でしょう。, いかがでしたでしょうか。今回「終活ねっと」では葬儀後のお花の送り方と香典の渡し方、お礼の方法を解説してきました。, 葬儀後にお花を送る方法としては、ご自宅へ弔問した際に渡す方法と郵送で送る場合がある。, ご自宅へ弔問する時は、できるだけ葬儀から日を開け過ぎないようにする。四十九日までに訃報を知った場合は四十九日までを目途に弔問するようにするとよい。, 花の種類はトゲがあるバラや毒性のあるものは避けた方がいい。菊、ユリ、胡蝶蘭などが一般的。白を基調にしたアレンジメントやプリザーブドフラワーなどが手間が少なくておススメ。, 葬儀後に香典を郵送する場合は、不祝儀袋に包んで現金書留で送るとよい。その場合新札は使わず、新札しか手元にない時は一度折り目をいれたお札を使うとよい。, 葬儀後のお花や香典のお礼は、後に残らないお菓子やコーヒー、お茶、タオルなどがよく、最近ではカタログギフトを選ぶ人も増えている。仏式では肉、魚、お酒はタブーとされている。, お礼をするタイミングは香典などをいただいたのが四十九日前であれば四十九日より一カ月以内にする。四十九日より後にいただいた場合、いただいた日から1週間から10日以内に先方のお手元に届くよう手配をする。, 葬儀には参列できなかったけれど弔意を表すため香典やお花を送りたいという時には、マナーを守って適切な振舞いができるとよいですね。「終活ねっと」では他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。ぜひそちらもご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。 何かの手違いで訃報が届かなかったり、故人様の近親者のみで家族葬が執り行われたといった事情で、ご葬儀後にご不幸を知ることがあります。こちらでは、葬儀後の弔問や、お悔やみの手紙の書き方などのマナーについてご紹介いたします。 キリスト教式の場合は、ユリの花や十字架が描かれたキ� 当記事では、葬儀に使用される花の種類や、供花に関して喪主側がやるべきことを詳しく解説します。また、供花に関するマナーや確認事項についても紹介するため、供花について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてください。 この記事では、会社関係者の葬儀の参列範囲を服装・香典のマナーも含めて解説します。, 葬儀に都合がつかず参列できないときは誰にでもあります。こんなときは後日弔問をするのですが、いつ行けばいいの?香典は?など疑問が浮かんでくるかと思います。また、弔問する側だけでなくされる側も戸惑うことが多いですよね。今回は、葬儀後の弔問の際のマナーを解説します。, 親しかった方の訃報を後から知り、すでに葬儀後だった、ということもあるのではないでしょうか。では、葬儀後にお供え物を渡す際はどのように渡せばよいのでしょうか。お供え物の相場やのしの包み方まで詳しく解説いたします。, 葬儀でお花をいただいた時のお返しについて、ご存知ですか。実は、お花へのお返しにも相場があるんです。今回終活ねっとでは、葬儀のお返しの相場について、さらにお礼の送り方やお礼状についても、例文を交えて詳しくご説明していきます。, 葬儀に送るメッセージ『お悔やみの言葉』は、訃報を受けて間を置かずに故人を弔う気持ちを述べるものです。あなたは葬儀に送るメッセージの送り方や書き方をご存知ですか?今回終活ねっとでは、葬儀に送るメッセージについて、種類や送り方、例文やお返しのお礼にも触れつつ解説。, 葬儀場よく見かける飾られたお花ですが、よく見ると名札がついていたり色々なお花の種類があったりします。では実際に自分が葬儀にお花を送る場合、どのような点に注意が必要でしょうか?そこで今回は葬儀に送るお花について送り方、金額相場、種類など様々な視点でご紹介します。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。. 葬儀後にお花を送る方法としては、ご自宅へ弔問した際に渡す方法と郵送で送る場合がある。 ご自宅へ弔問する時は、できるだけ葬儀から日を開け過ぎないようにする。 四十九日までに訃報を知った場合は四十九日までを目途に弔問するようにするとよい。 しかし、参加できなくてもお悔やみを伝える方法はあります。 お悔やみやお供えにこの花を贈ってはいけないという決まりはありません。ただ、お通夜や葬儀は厳かな場であり、遺族が不快に思わないという側面から、お通夜や葬儀、初七日、四十九日にお供えするのは、落ち着いたブルーやグリーンをさし色に、白を基調としたアレンジメントや花束を贈るのが一般的です。 ご葬儀のご供花 (きょうか)というと、一般的には故人や喪主の関係者が、哀悼の意を示すためにお葬式会場にお届けするスタンド花を指します。. 葬儀や告別式に参列できなければ、一般的にはお通夜に駆けつけます。 しかしやむを得ず、どれにも参列できなかった場合や、告別式が済んだ後に訃報を知った場合などでは、後日、ご自宅へ弔問してご遺族へお悔やみの言葉を伝え、お線香をあげさせていただくこともできます。 また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 大切な方へのお悔やみの想いをあなたの代わりに伝えます。花葬儀の「参列代行サービス」はご葬儀のセレモニー中、参列が出来ないあなたの代わりに、あなたの代わりにお花と共に手向け、火葬前にはセレモニーとして棺に納める代行サービスです。 弔問では遺族にお悔やみを述べた後、手伝いを申し出ます。手伝いが不要な時は、「あらためて、通夜に伺います」とあいさつして辞去します。故人と親しい間柄の場合は、他の友人や知人への連絡係を引き受けると良いでしょう。親しく近所付き合いをしている場合も同じです。 やむをえな� 親族だけでなく、友人や会社の方など故人と関係のあった方全般から寄せられるものです。. あわせてご覧ください。, 親しい故人の葬儀に参列する際、故人に向けて花を用意して弔意を示します。葬儀に花を手配する際には、送る花の種類やタイミングなどいくつか注意点があります。急に葬儀の連絡が入り、慌てて手配することがないよう、事前に葬儀の花の手配の方法を確認しておきましょう。, 葬儀で故人を追悼する際に供花を贈ることがありますが、そのマナーをご存じでしょうか。宗教によって贈る花の種類が異なるなど、細かいマナーがいくつか存在します。また、供花を頂く側にもマナーがあります。そこで今回は葬儀で飾る供花について詳しく紹介致します。, 葬儀で祭壇を飾るお花の供花を贈る際には、どのようなルールやマナーがあるのでしょうか?お花の種類や選び方、手配方法や名札の書き方、金額の相場など、葬儀で供花を贈る際の知識について、詳しく解説していきます。, 葬儀にはさまざまな役目の花があります。誰もが目にする花ですが、供花・花輪・枕花・献花などの違いを知っていますか?また贈る際のマナーや値段も気になるところです。供花と花輪の違いや、注文の仕方などを詳しくご紹介します。, 近年家族葬が増え、お葬式の参列や供花についても考え方が変化してきています。この変化の中で、家族葬に供花を贈りたいけれど、贈り方やマナーが分からないという声をよく耳にします。この記事では、そのような方々のために家族葬の供花の方法やマナーについて解説します。, 葬儀にて祭壇に飾られる花を供花と言います。供花にはどのような種類があってどういった点に注意すべきなのでしょうか?今回は、供花を贈る際に注意しておきたい、供花の相場や手配方法などの供花に関する葬儀マナーついて解説していきます。, 葬儀にお花を送る際、どんなお花を選んだら良いのか迷ってしまいますよね?お花の種類や手配方法もご存じない方が多いでしょう。そこで今回は、葬儀に送るお花の種類とともに金額の相場や手配方法についてご説明します。相場を知って、恥ずかしくないお花を送りたいですね。, 今回終活ねっとでは葬儀でいただいた供花へのお返しの仕方について詳しく解説いたします。供花へのお返しの金額相場や品物の選び方、お返しをするタイミング、礼状の書き方など、葬儀後いざやらなければいけない時になって慌てることのないよう、今のうちに確認しておきましょう。, 葬儀において、生花を贈りるときのマナーを知っていますか。お花の数え方に一基や一対とあるけれど、どう違うのか、相場はどれくらいなのかも知っておきたいですよね。今回は、そんな葬儀に送る生花の一対の意味や金額相場、手配マナーについて解説しています。, 葬儀では様々な気持ちを表現するために、お花を贈ることがあります。しかし、葬儀で贈るお花の種類は多く、きちんと区別をしなければなりません。今回終活ねっとでは、葬儀の場面ごとに選ぶべきお花の種類とその贈り方や金額相場まで解説します。ぜひご覧ください。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。, 謹啓 ○○(故人のお名前)の葬儀の折に立派なご供花を賜り有難く厚く御礼申し上げます. あわせてご覧ください。, 葬儀において弔意を表すために電報を送ることがあります。しかし、電報にはどのようなことを書いたらいいのか迷うところです。電報には例文があり、使ってはならない忌み言葉やその他も注意点があります。この記事では、葬儀の電報について例文付きで詳しく解説しています。, 葬儀で喪主や遺族は参列してくれる皆さんへ香典返しやお礼を述べることが多いですね。どんな言葉で言えばいいのか分からない人もいることでしょう。今回終活ねっとでは葬儀のお礼の言葉について詳しくご紹介します。, 葬儀の際に送る生花はいくつか種類がありますが、一般的に式場に飾られる生花を意味することが多いです。いざ、生花を送るにあたって、どんな花をいくらぐらいで送ればいいのか悩む人も多いでしょう。今回は葬儀で送る生花の相場、さらに花の種類ごとの相場や送り方も解説します。, 葬儀の際に香典だけでなく生花を頂くことがあります。香典返しをする際には頂いた金額の半額程度の商品などをお返しすると良いといわれていますが、生花を頂いた場合のお礼はどうすればいいのでしょうか?今回は、葬儀で生花を頂いた際のお礼について詳しく解説していきます。, 会社関係者の葬儀には参列すべきでしょうか。会社関係者も上司・同僚・部下・取引先などがありますが、それぞれどう対応したらよいのでしょうか。参列する際の服装や香典も気になりますね。 お悔やみ状とは通夜や葬儀・お葬式に参列できない時に出すお悔やみの手紙です。弔問できない時に後日出すお悔やみ状、お悔やみの手紙の書き方例文・例(親戚,友人,友人の母等)、短い文例や、返事・返信、封筒の書き方と香典の送り方マナーを紹介(便箋にペンで手書き) DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。 今回の記事では、お花を贈るときのマナーやその相場、逆に頂いたときのマナーを解説します。, 故人の冥福を祈り、最後の別れを告げるために執り行われるのが葬儀です。そういった重要な意味をもつ葬儀は故人と親しい間柄であればあるほど、大切な儀式になりますよね。しかし葬儀の知らせが急だったり、体調不良であったりやむを得ない理由で葬儀に参列できないこともあります。では葬儀に参列できない場合、どうやってお悔やみを伝えればいいのでしょうか?今回「終活ねっと」では葬儀後に供花を贈り、ご遺族へお悔やみを伝える方法について以下の点をまとめました。反対に供花を頂いたときのお返しの仕方までご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。, 「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。, 故人を悼んだり、祭壇や会場を飾る意味をもつお花を「供花(きょうか)」といいます。供花は故人の親族や特に親しかった友人などが贈りますが、どうしても都合がつかず葬儀に参列できない人が贈ることもあります。葬儀後に供花を贈る場合でも、供花を贈ることでご遺族へお悔やみを表すことができるからです。では、供花はどのようにして贈ればいいのでしょうか?供花を手配する方法は主に以下の3つがあります。, 葬儀会社に頼めば、葬儀の雰囲気に合わせた供花を手配することができます。また花屋ならばご自分でお花が選べますし、インターネットならば時間を問わず申し込むことができます。状況に合わせて、どの方法で供花を頼むのか決めるとよいでしょう。, 供花の一般的な相場とはいくらくらいなのでしょうか?供花は1つを一基(いっき)と数え、2つの場合は一対(いっつい)と数えます。地域や使うお花の種類によって価格は変わりますが、一基5000円~2万円が相場です。供花は普通、一対で贈るものという習わしがあります。しかし、最近では贈る側の負担を考え一基のみ贈るという場合も多いです。供花の形状もいくつかあり、例えばフラワーアレンジメントや籠花、スタンド花、花輪などがあります。多く選ばれている形状はフラワーアレンジメントやスタンド花ですが、葬儀後に贈る供花としてはスペースを取らない籠花が一般的だといわれています。, 葬儀後に供花を贈る場合、初七日から四十九日の間に贈るといいでしょう。本来はお通夜に間に合うように供花を贈るほうがいいものです。しかしどうしても葬儀に間に合わないときでも、初七日から四十九日の間に贈ることで、後飾りにお供えする花としての意味をもち、良いとされています。後飾りとは、お通夜、葬儀、告別式を終わったあと持ち帰ったご遺骨や仮位碑を、四十九日法要まで安置しておくための祭壇のことです。またお通夜、葬儀が終わり落ち着いたころに供花を贈ることでご遺族の方はゆっくりとお花を見ることができ、故人を悼むことができます。, 供花は自宅に贈ることができます。その場合、ご遺族の方へ供花を贈ることができるか、いつ贈ってよいかなどをしっかりと確認することが大事です。また供花は菊やユリ、カーネーションを仏教では使用しますが、宗教によって使用するお花が違います。そのため故人やご遺族の方が信仰されている宗教などの事前確認はとても重要となるでしょう。また供花を贈る際、お花だけを贈ればいいというわけではありません。供花と一緒にお悔やみの手紙を添えるのが一般的です。以下で、お悔やみの手紙の書き方や例文をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。, 供花は故人の自宅に訪問して渡すことができます。訪問して渡す場合も、自宅へ贈る場合と同様にご遺族の方への事前連絡は重要です。訪問したときに渡す供花の種類は、仏教であれば菊やユリなど通常の仏花で構いません。しかし、法要のときに贈られるような通常のものより、少し豪華なお花が良いとされています。, 供花を贈るときは、お悔やみの手紙を添えるとよいです。お悔やみの手紙はより深く故人への哀悼の意を表し、ご遺族への気遣いの気持ちを伝えることができます。では、お悔やみの手紙とはどのようなことを書けばいいのでしょうか?お悔やみの手紙を書くときのポイントをまとめました。, お悔やみの手紙はある程度、形式が決まっています。以上にあげたポイントに沿ってお悔やみの手紙を書くとよいでしょう。次にポイントに沿ったお悔やみの手紙の文例をご紹介します。こちらの文例は、お父様を亡くした方へ向けたお悔やみの手紙です。仕様上、横書きとなっていますが実際に書く際は縦書きで書いてくださいね。以下がお悔やみの手紙の文例です。ぜひ、参考にしてみてください。, これまでは、供花を贈るときに関してご紹介しました。では葬儀後に、供花を頂いたときにはどうしたらいいのでしょうか?故人を追弔し、ご遺族を気遣う気持ちの現れである供花にお返しは必要がないと思われる方もいらっしゃると思います。確かに供花を頂いたときには、お礼状を送りお返しはとりわけ必要ではないといわれています。ですが、感謝の気持ちを形としてお返ししたいものですよね。では、どんなものをお返しにすればいいのでしょうか?, 頂いた供花に対するお返しは、ちょっとしたもので良いとされています。例えばお菓子などは、お返しとしてよく利用されます。供花を連名で頂いた場合、個包装されたお菓子であれば分けることができるのでうってつけでしょう。また、お菓子以外のものであればお茶や、洗剤、石鹸などの消えものがふさわしいといわれています。しかし最近では、様々な品物を相手の好みで選択できるカタログギフトも選ばれています。, 供花に対するお返しは、その供花の金額に対して変わります。一般的には2分の1から3分の1くらいがよいとされていますが、決まったマナーがあるというわけではありません。供花は故人や遺族を想うもの、その供花に対するお返しも気持ちが伝われば金額は1000円~3000円くらいであっても問題ありません。かえって高価なお返しをしてしまい、相手方に気を遣わせてしまわないように気をつけましょうね。, 供花を頂いたときは、必ずお礼状を書きましょう。お礼状にも、ある程度形式が決まっています。以下でご紹介する構成を参考に書くとよいでしょう。, また葬儀に際したお礼状では、お悔やみの手紙と同様に忌み言葉や重ね言葉は使ってはいけません。それと最近では気にする人も少なくなってきたようですが、葬儀に際したお礼状では句読点を打たないのが普通です。どうしても使いたいという理由がなければ、使わない方がよいでしょう。それでは、これまでご紹介した構成と守るべき点に気を付けて書いたお礼状の例文を見てみましょう。, 葬儀を終えてから、四十九日までは祭壇にお花を飾ります。四十九日までの祭壇を後飾りの祭殿といい、仮位碑やご遺骨、供物を飾ります。その供物などと一緒に、お花も飾っておくといいでしょう。四十九日までの間お花は水をあげて、枯れたら取りかえてくださいね。, いかがでしたか?今回「終活ねっと」では、葬儀後にお花を贈る方法について以下のことをご紹介しました。, 葬儀後に贈ることのできる供花には、故人を悼みご遺族を気遣う気持ちを表したもので、日本で昔から行われている風習のひとつです。故人を想い、ご遺族を想う供花にはそういった想いだけでなく様々な意味、そしてマナーがあるのですね。供花を贈ったり、頂いたりした際にはぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しています。そちらの記事もご覧頂ければと思います。最後まで、読んでいただきありがとうございました。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。 心を込めたお供えの花・お悔やみの花を手向けましょう。お供え・お悔やみ用のお花は全国のお花屋さんネットワーク「イーフローラ」におまかせください。全国のお花屋さんがご提案する多種多様なお供え・お悔やみ用のアレンジメントや花束を取り揃えました。 葬式や葬儀のお花、お通夜や告別式のお花です。お悔やみのお花は祭壇付近にお供えとして添えられるため、一般に供花と言われています。 葬儀の後日に送るお悔やみの手紙は、喪家の慌ただしさが落ち着く 葬儀3日後ぐらいから初七日までの間 に届くように出すのが理想的です。 お悔みの花として贈り、葬儀会場に設置してもらえば、一気に棺の周辺や葬儀会場全体を華やかにしてくれるでしょう。 3本立ち 大輪 39輪以上の胡蝶蘭 続いておすすめするのは、1つの鉢に3本の胡蝶蘭が寄せ植えになった鉢植えです。 葬儀後に香典を渡しても、香典のお返しを用意しなければならず、逆に負担となる恐れがあります。(すでに香典のお返しが自宅にストックがないケースが考えられます) 葬儀終了後は、現金ではなくお供えの花や線香などを送るのもいいと思います。香典を送る場合は香典返しを辞退するなど、遺族への配慮が求められていると思います。 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 その一つが、葬儀後にお花を送るという方法です。 DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。

伽 中国 意味, イオンカード 磁気不良 再発行, ライフプラン レポート 書き方, マクロスf 劇場版 配信, 金曜ロード ショー ハリー ポッター 炎のゴブレット, ダイエー 池田 移動販売, シュノーケリング 関東 日帰り, インスタ 投稿数 違う,