人口増加 対策 日本

人口減少社会日本の選択 ―少子化対策から「人口政策」への転換を― 2018年12月26日 2020年6月20日. 27. 日本は、異なる方法を提示した。閉鎖をしなくてもコロナ対策を効果的に行った。過去の結核患者追跡システムを利用して、コロナ患者を効果的に追跡した。冬期を迎え感染が増加しているが、1億2000万人の人口の内、コロナ重症患者は331人に過ぎない。 世界の人口増と日本の少子化問題 国際連合の計算によると、世界はいま、1年に約7,800万人、人口が増えています。これは、1日約21万人、1分間に実に約150人、人口が増えている計算になります。 ニューヨーク、6月17日 – 本日発表された国連の新たな報告書によると、世界人口は現在の77億人から2050年の97億人へと、今後30年で20億人の増加となる見込みです。. 27国調: k㎡) 225,468 377,971 59.7 % ①過疎対策事業債による支援(令和2年度計画額. 完全失業率 4. 高齢化社会や高齢社会、超高齢社会という言葉が世界中で使用されていますが、この言葉には国際的に明確な定義はありません。 日本政府は、高齢化社会という用語は1956年の国連報告書において、当時の欧米先進国の水準を元にしながら、仮に7%以上を「高齢化した(aged)」人口と呼んだことに由来するのではないかとされており、高齢化率は国際的に共通した尺度として使用されています。 この高齢化率というのは0~14歳 … 地球は、その3分の2が水で覆われた「水の惑星」とも言われます。 しかし、直接飲み水や農業用水として使うことのできる淡水はごくわずかで、世界では多くの人が水不足による貧困や、劣悪な環境での生活を強いられています。 また、水資源をめぐる紛争も後… 家庭基盤充実. 労働力人口減少への対策4つ. 都道府県別大学収容力(2014年)(長野県「信州創生戦略参考資料」)(※大学収容力=都道府県内大学入学者数/都道府県内18歳人口), 国際的に見れば、大学の大都市集中に必然性はありません。例えば、アメリカを代表する大学の一つ、ハーバード大学は、マサチューセッツ州のケンブリッジという人口10万人の都市にあります。イェール大学のあるコネチカット州のニューヘイブンという都市は、人口13万人です。イギリスを代表するオックスフォード大学のオックスフォードという都市も、人口16万人です。大学の価値と都市の規模は関係ないのです。, 2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会も、東京への人口集中を招く政府の政策です。政府が2014年12月に閣議決定した「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」は、首都圏への人口流入について「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の開催は、それを増幅させる可能性が高い」と認めています。そして、首都圏への人口流入が「このまま推移すると、過密の東京圏と人が極端に減った地方が併存するような形で人口減少が進行していく可能性が高い」と指摘しています。, オリンピック・パラリンピック東京大会は、公共事業の東京集中も招きます。そのため、建設労働者の首都圏集中を引き起こします。これまで、公共事業は地域の人口を維持する重要な要因と考えられていましたが、首都圏集中の要因に転換しつつあるのです。さらに、労働者の不足や人件費の高騰により、東日本大震災からの復興事業の足を引っ張る点も無視できません。復興の遅れは、被災地からの人口流出を加速させてしまうでしょう。, 政府によって主導されている大都市での再開発誘導も、大都市への人口集中を引き起こしている要因です。容積率等を緩和することにより、これまで以上に大規模なオフィスビルやマンションを建てられるようにする政策です。当然、それに伴って新たな企業が立地し、新たな住民が居住します。その住民たちは、どこからか移り住んで来る人々です。この政策の根拠になっているのは「都市再生特別措置法」で、内閣総理大臣を本部長とする都市再生本部が政府に置かれています。, しかも、大都市での再開発誘導を政府で担当しているのは、地域の人口減少対策を担うのと同じ大臣、同じ組織です。いずれも、地方創生担当大臣の所管で、内閣府地方創生推進事務局が担当しています。右手で大都市への人口集中を加速させ、左手で集中を抑制しようとしているのです。, このように、大都市への人口集中の背景には、それを促進する国策があります。矛盾する政策を改めない限り、大都市への人口集中は続くことになるでしょう。, 「人口減少を認める道」は、人口減少を容認して放置することではありません。当面の人口急減が避けられないことを認めた上で、それでも住民の暮らしと地域の経済が破たんしないように手を尽くす政策路線です。むしろ、現実もしくは近い将来に現実となる地域課題と真正面から格闘する、徹底的な現実主義です。, 住民の暮らしを考えれば、ある程度の範囲に、ある程度の社会サービスを提供する施設を維持しなければなりません。図6は、社会サービス施設を維持するため、どれだけの人口を要するか、示したものです。普段は小さな診療所に通うとしても、いざという時には大きな病院で高度な医療を受けたいものです。高度医療は、かかる患者数が少ないため、かなりの人口がいなければ維持できません。広範囲で人口減少が進んでしまえば、高度医療を維持できなくなってしまい、ますます人口減少を加速させることになってしまいます。, 図6. 億円(充当率100%、元利償還の70%を交付税措 … 国調:万人) 1,088 12,709 8.6 % 面積(平成. 人口減少を見据えた対策が急がれる〜土地白書で見る日本の土地②。lifull home's pressは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【lifull home's press/ライフルホームズプレ … Ⅰ.はじめに. 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. 公開日: 2020年09月08日. ・ゴルフ人口の推移が知りたい・ゴルフ人口ってなぜ減少しているの?・具体的な解決策はあるの?こんなお悩みにお答えしていきます。今回は、ゴルフ人口の推移と人口減少の原因を解説。合わせて、減少に対する対策についても触れていきたいと思います。 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 日本の人口推移と長期的な見通し(内閣官房「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン・総合戦略パンフレット」), つまり、楽観的なベストシナリオであっても、当面(50~60年)の間、国全体で急激な人口減少が避けられません。行政の政策でもっとも長期的なものは、気候変動政策やエネルギー政策ですが、それでも2050年が長期目標の年になっています。政策やプログラムの裏付けがない長期目標であっても、2100年です。ということは、政府や自治体で企画・執行する政策の前提としては「急激な人口減少」しかありえません。, 海外からの移民受入によって、人口を維持・増加させることも非現実的です。海外からの移民を受け入れるにしても、2060年までに2千万人を受け入れて、ようやく現状の人口レベルを維持できる程度です。毎年50万人の移民を受け入れると、2060年には国民の6人に1人が、海外からの移民になる計算です。ちなみに、アメリカンセンターJAPANのホームページによると、アメリカではこれまで約5千万人の移民を受け入れ、現在でも年間約70万人の移民を受け入れているとのことです。日本の国民数はアメリカの約半分ですから、移民の規模感でいえば、移民国家のアメリカを上回るペースで移民を受け入れることになります。それでも、現状レベルの維持がせいぜいです。, 移民受入で人口を維持・増加させるということは、アメリカのような移民国家を急激なスピードで目指すという、国家戦略の大転換を意味するわけです。現状では、シリア等からの難民の受入れですら、政府は消極的です。法務省の発表によると、2016年度の難民申請者10,901人のうち、認定数は28人、在留許可数は97人に過ぎませんでした。, 移民受入による「人口増加を目指す道」が非現実的だとしても、出生率の大幅な上昇によって、人口のV字回復が可能との考え方があります。出生率が、人口置換水準を大きく上回れば、人口は回復する計算になるからです。しかも、過去の出生率の実績は、人口置換水準を上回っていました。戦後最高の出生率は、1947年の4.32です。, 過去の出生率が達成できないのは、お見合いの機会や妊娠の動機づけ機会が少なくなったからだとして、多くの自治体が直接的な出生率上昇の施策に取り組んでいます。内閣府「少子化対策白書」には、自治体の婚活支援や妊娠教育の事例が紹介されています。, しかし、婚活支援や妊娠教育で出生率の上昇は可能なのでしょうか。また、人口置換水準を上回る過去の出生率に回復させることは現実的なのでしょうか。それには、それらが課題解決の適切な手法であることと、他の先進国等と比較して現実的な水準であることを見なければなりません。, 「少子化対策白書」で考察すると、結婚については、晩婚化と未婚化が課題になっています。結婚に対する意欲は低下していません(1-1-10図)が、非正規雇用の人に相手が比較的いない(1-1-14図)という実情があります。若者の年収が低下していて(1-1-12図)、非正規雇用が拡大している(1-1-13図)ことから、当事者の認識(1-1-11図)はどうあれ、晩婚化と未婚化の背景に若者の労働環境という、構造的な問題があると分かります。, 出産については、子育て費用や仕事に差し支えること、住宅環境、夫の育児参加等が課題になっています。図3をご覧ください。妻の全年代、特に若い世代で圧倒的に多い理由が子育て費用の高さです。高年齢や健康上の理由という、一見すると個人的に思える理由も、晩婚化の結果と捉えれば、社会の問題であると分かります。, 希望出生率1.8というのは、これらの社会的な課題をすべて解決して、はじめて実現するのです。婚活支援で夫婦数が多少増えても、妊娠教育で知識が多少増えても、構造的な課題を解決しなければ、出生率は増加しません。, さらに、人口置換水準2.07を達成するには、子育て・若者向けの社会保障や予算を大胆に増額する必要があります。欧米で低下した出生率を回復させた国々(1-1-22図)は、所得等の経済的支援と、育児休業等の両立支援に取り組み、公的支出は日本の2~3倍あります(1-1-23図)。人口置換水準を目指すということは、約20兆円の日本の公的支出を2倍から3倍に増加させることを意味します。, つまり、若者の労働環境の改善と社会保障の強化を抜本的に行い、公的支出を2~3倍増しても、人口置換水準に届くのが精一杯で、人口のV字回復は見込めないのです。, 日本全体で人口が減少し、出生率の上昇に限界があるとしても、地域単位で見れば、移住者の増加で地域人口がV字回復することが、可能性としてはありえます。全国的にどこの地域でも人口が減少しているのに、特定の地域だけ、人口が流入し続けるという状況です。, 実際、移住者の増加で人口減少が増加に転じた地域はあります。例えば、北海道ニセコ町は、1980年まで人口減少で、その後横ばいでしたが、2000年から増加傾向にあります。これは、全年代で域外からの移住者が人口流出を上回っているためです。将来人口推計によると、2025年頃まで人口増加が続き、2040年頃まで横ばい、それでも高齢者人口が増加するため、その後に減少していくと想定しています。, それならば、どこの地域も増加に転じる可能性があるのでしょうか。ニセコ町は、国際的なスノーリゾートとして名高く、2009年から2013年の間で転入元としてもっとも多いのは外国です。この特殊要因に加えて、オープンな町政や環境に配慮したまちづくりなど、町政と住民も自らを変化させるため、大きな努力を払っています。民主的な行政運営を定める「自治基本条例」を全国で初めて制定したのも、ニセコ町です。それでも、増加は永遠に続かず、2040年頃から急激な減少に転じると予測されています。, 残念ながら、移住増加の特殊要因がない多くの自治体では、移住者で人口増加に転じる可能性はありません。なぜならば、人口流出が大きくなり、流入がそれほど増加しない構造的な要因が、日本全体に横たわっているからです。図4は、長野県の社会移動の動向です。東京や大阪、名古屋、京都等の大都市を除けば、全国の地方もこれに近い社会移動の動向になっています。, 図4. 日本のエネルギーを議論するに際して、長期的な人口動態を確認しておくことは重要です。なぜならば、エネルギー需要やその地域分布は、人口動態に大きな影響を受けるからです。, 例えば、人口が再び増加に転じ、大都市に集中して住むならば、大規模集中型の電源・エネルギー源を発展させる一方、送電網・導管への投資を抑制する(大都市集中型を維持する)ことが、合理的な判断となり得ます。一方、人口が当面の間、急激に減少し、地方都市に分散して住むならば、小規模分散型の電源・エネルギー源を発展させ、送電網・導管への投資を活発にする(地域分散型に転換する)ことが、合理的な判断となり得ます。, そこで、日本の人口がV字回復するのか、そのための政策オプションはどうなっているのか、分析をしました。また、日本全体でのV字回復は困難でも、地域の努力によっては人口を維持・増加させる可能性があるため、それについても分析しました。分析に当たっては、できる限り政府・自治体の公的データを用いています。, 日本は、明治以降の人口増加期が終わり、人口減少期に入ったところです。図1をご覧ください。ピークの人口は江戸時代と比べ、約4倍まで急増しています。今後の人口は、急減していくと予測されています。, 人口増加は、これまで社会運営の大前提となっていました。戦前は海外に人口のはけ口を求め、最終的にアジア・太平洋戦争の敗北に至りました。戦後は国内経済の発展と貿易によって人口増加に適応し、世界第2位の経済大国となりました。その結果、経済構造、社会保障制度、社会資本など、あらゆる社会システムと政策が人口増加と経済成長を前提とするようになりました。, 現在は、人口増加と経済成長を前提とした社会運営が惰性のように続いています。政府は、経済の低成長を一時的な状態と認識し、金融緩和、財政出動、規制緩和と、かつての経済政策をフル動員しています。経済界の一部には、海外から移民を受け入れ、人口増加を図るべきとの意見もあります。, つまり、人口増加と経済成長に再び転換し、従来の社会運営を継続するのか、人口減少と経済成熟を受け入れ、それらを前提とした社会運営に転換するのか、岐路に立っています。現在の政府と経済界は、少なくとも経済政策については前者を選択しようとしています。一方、後者の意見もあり得るのですが、政治・経済では大きな流れになっていません。, 自治体は、政府の地方創生政策によって、岐路に立っていることを半ば強制的に認識させられました。すべての自治体が、長期にわたる「人口ビジョン」を策定し、人口減少の現実と直面することになったためです。, しかし、どちらの道を進むのか、はっきり自覚して選択している自治体は少ないようです。婚活支援と移住促進で、人口のV字回復や維持が可能と考えている自治体も少なくありません。, 重要なことは、人口減少を受け入れるとすれば、社会システムを抜本的に見直し、それに適応させる取組が必要になるということです。人口減少は税収減少を意味しますので、それでも安心して暮らせる社会にするためです。人口や企業が増えることを前提にしていた開発は取りやめ、限りある予算を他のことに使わなければなりません。, 抜本的な見直しが求められる社会システムの一部として、自治体行政も例外ではありません。予算や政策はもちろんのこと、職員の能力も変えることが求められます。, 日本の進路は、大きな岐路に立っています。人口増加と経済成長に再び転換し、従来の社会運営を継続するのか、それとも人口減少と経済成熟を受け入れ、それらを前提とした社会運営に転換するのか。どちらを選択するかによって、あらゆる政策が変わってきます。, ただ、その前に「人口増加」という選択の実現可能性を見てみましょう。人口予測は、様々な将来予測のなかでもっとも手堅い予測です。合計特殊出生率のように変数もありますが、急激に大きな変化をしめすことはないと、経験則で明らかになっています。, 政府は、ベストシナリオであっても、国の人口が長期的に減少すると予測しています(図2参照)。出生率が、2030年に希望出生率(国民の婚姻・出産の希望がすべて実現した場合の出生率)の1.8になり、2040年に人口置換水準の出生率(出生数と死亡数がほぼ同じになった場合の出生率)の2.07になっても、当面の急激な人口減少は避けられません。2070~2080年頃になって、減少カーブがやっと緩やかになり、2100年頃から9千万人程度の人口で定常化します。それでも、現状のまま低い出生率で推移すれば、2060年に約9千万人、2100年頃には約4千万人まで減少すると予測されています。, 図2. 人口数の遷移 2. Copyright © 2014 Institute for Sustainable Energy Policies. 前述したように、「働き手不足」「経済の停滞」などの労働力人口減少によってさまざまな問題が起こることが予想されていますが、どのような対策を取れば良いのかについて以下でご紹介します。 多くの国民は、人口が増えれば「総需要」が増える。結果、経済は成長を遂げると信じ込んでいるわけだが、これはまさに「思い込み」以外の何物でもない。. 人口(平成. 人口政策,優生保護法,人口資質,少子化対策,晩婚化 はじめに 日本の人口政策の歴史については多くの研究が ある˜1 -14)が,近年,優生保護法による強制不妊手 術などが人権無視の政策として非難が高 … 「人口減少」「労働力不足」と言われても、具体的な深刻さを肌感覚で掴むのは、なかなか難しいかもしれません。 一体、いつ、どの地域で、どれだけの人材が不足し、企業にとってどのような問題が懸念されているのでしょうか。 日本における人口減少を企業課題として紐解くには、以下4つの指標で分析できると考えています。 1. 日本の高度成長期は、1954年から1973年までの二十年間である。高度成長期の総人口の平均増加率は、何と「わずか」1.12%に過ぎない。 長野県の年齢階級別社会移動の長期的動向(1980~2010年)(長野県「信州創生戦略参考資料」), 非大都市圏の社会移動の特徴は、若者が移動せざるを得ない点にあります。おおむね10代後半に地方から大都市へ流出し、20代から30代で大都市から地方に戻ってくるのが基本ですが、過去に比べて流出傾向に変化が少ない一方、流入が弱まっています。要は、進学で大都市に行き、そのまま大都市で就職してしまう人が増えているのです。60歳前後で流入増加の傾向はありますが、若者の流入減を打ち消すほどではありません。, 最大の構造的要因は、大学など高等教育機関の大都市集中にあります。18歳人口に対する大学入学者数で見ると、後者が上回るのは東京と京都だけで、他の道府県は下回っています。全国32道府県で、18歳人口に対する大学入学者数は4割以下で、長野、福島、和歌山では2割を切っています。こうなると、大学進学を望むならば、出ていくしかありません。, つまり、移住者の増加によって、人口をV字回復させることは非現実的です。もちろん、人口減少の勢いを緩和するために、移住者を増やすための努力は重要です。ただ、構造的要因を無視して、本人の望まない社会移動を止めることはできないのです。, 若者の大都市集中を招いている最大の要因は、大学など高等教育機関の大都市集中です。大学や学部の立地は自由でなく、文部科学省の認可事項であるため、政府の方針によって大都市集中になったといえます。図5の都道府県格差は、国策の結果なのです。, 図5. 子育て支援金の整備 3. 1.放置されたままの人口政策. 海外でも対策が必要になっている過疎や人口減少地域への対策ですが、こうした国々と日本が大きく違うのは、国全体の人口減少が続いているという課題も同時に存在している点です。 完全失業率 4. 少子高齢化による労働力不足 3. 高齢化社会や高齢社会、超高齢社会という言葉が世界中で使用されていますが、この言葉には国際的に明確な定義はありません。 日本政府は、高齢化社会という用語は1956年の国連報告書において、当時の欧米先進国の水準を元にしながら、仮に7%以上を「高齢化した(aged)」人口と呼んだことに由来するのではないかとされており、高齢化率は国際的に共通した尺度として使用されています。 この高齢化率というのは0~14歳 … 【2020】世界人口ランキング日本は11位『2018年から1%超の増加で』で2050年には… 2019.06.30 2020.07.08 【2020】「地球温暖化は嘘」という11の主張は本当? 27国調: k㎡) 225,468 377,971 59.7 % ①過疎対策事業債による支援(令和2年度計画額. 人口数の遷移 2. 兵庫県が人口減少県になったのは、もとより少子高齢化に伴う人口の自然減少が主因であるが、ここ数年社会増減で見ても、減少が続いている。 「日本をはじめ先進国の人口は減少傾向にありますが、まだまだ増加の一途をたどっている国もあります。現在、77億人とされる世界の人口は、2050年には97億人まで増えると予測されています。 日本国際飢餓対策機構は、世界で貧困・飢餓と闘いながら懸命に生きようとする人々のために、「ハンガー・ゼロ」(飢餓のない社会)運動を推進し、問題解決に向けた取り組みをニジェールやスーダンなどの国々で地元の支援組織とともに進めています。 会・環境要因を整理し、日本の認知症発症率増加の背景・要因について記す。 Ⅱ.世界の高齢化に関する統計データ 日本だけではなく、世界で人口の高齢化が加速している。それに伴い、認知症高齢者の急増が社会的 な課題となっている。 著者: 訪日ラボ編集部. しかし、日本は地球上でもっとも人口密度の高い国の一つであり、インドをも上回る。 つい最近、イランの指導者ホメイニ師は、出生率の大幅な上昇を求める布告を発表した。イランの人口は今世紀半ばまで増加を続ける見込みだが、出生率はここ数十年低下している。 「要するに、人口過剰� 労働力人口とは、15歳以上の人口のうち、「就業者」と「完全失業者」を合わせたものをさしています。 労働力人口の内容である就業者、従業者、休業者、完全失業者については以下の通りです。 労働力人口に含まれないのは「就業者」と「完全失業者」以外の者ですが、具体的には「専業主婦」「学生」「高齢れや病気で働けない人」などがあてはまります。 労働力人口は、総務省統計局が毎月実施・公表している「労働力調査 … そこで、日本の労働力人口がどのように推移し、これからどのようになるのか、将来の見通しについてご紹介します。 労働力人口の推移. 日本は、人口政策の隠れ蓑として少子化対策を使い、土台となる人口学も大学等で地位を得ていない。 フランスとは全く逆方向である。 ちなみにフランスでは、人口政策が人権問題になった … 4,700. 私たちは、世界の人口増加という巨大な波を目の前にして、 今後起こりうる飢餓人口の増加に向けた対策をする必要があるのです 。 (出典:国際連合食糧農業機関(FAO)「世界の農林水産 Summer2017 通巻847号」,2017 ) 子どもたちを苦しめる飢餓状態。 ラグビー人気の影響もあり、2020年3月の統計によると競技人口は前年に比べて1,603人の増加となりました。 みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!. 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 人口分布の中心の位置、つまり日本を大きなシーソーと考えて一点で支えた場合、日本を平衝に保てる「重心(へそ)」がどこかを示したものが「人口重心」。 変遷を見ると、縄文時代は東日本にあったものの、水田稲作が始まった弥生時代以降は西日本に移動する。 明治以降は、北海道への移民や首都圏への人口集中により、東南方向に移動している。 ラグビーw杯で金星をあげた日本は競技人口増加につながったのか. 日本と移民問題の現状とは? 日本は世界に例のない少子超高齢化時代に入り、この先数十年で人口は急減し超高齢者ばかりの国になる可能性があります。 国は、積極的には外国人の移民政策を取っていませんが、現状は約200万人以上が日本に在留し人手不足から労働しているのも現状です。 更新日: 2020年09月26日. 増加率は地域によって異なり、さらに多くの国で人口が減少. 日本が先進国の中で一番最初に直面している大問題、それは人口問題です。2009年から人口減少が始まった日本では、少子高齢化が非常に早いスピードで進みました。, 人口問題は、経済活動に悪影響を及ぼすだけでなく、介護や年金問題なども顕在化してきました。これからの日本の将来を左右する、重大な人口問題について、これから詳しく紹介します。, 日本の人口問題とは、 生まれて来る子どもの数より、亡くなる人の数が多い社会 が引き起こすさまざまな問題の事です。それでは、日本の人口問題について代表的な現象を解説して行きます。, 人口減少とは、生まれて来る子どもの数より、亡くなる人の数が多いため、差引きで総人口が減る問題をいいます。日本の総人口は、戦後から増加を続けて 2008年に1億2808万人で頂点に達し ました。, その後は減少に転じ、2019年5月1日現在、1億2618万1千人となっています。実は日本の出生数は1974年から現在まで、一貫して減少を続けていました。, しかし、平均寿命がどんどん伸びて亡くなる人が減ったため、直ぐに人口が減らなかったので、 問題が先送りされた のです。, 生まれて来る子どもの数が減った結果、徐々に生産年齢人口(15歳~64歳)が減って行きました。問題は、働く人の数が減ったために、 労働者一人当たりが支える人の数が、どんどん増え て行くことです。, 生産年齢人口が減少する問題に対して、これまでは企業努力で生産効率を上げて対応してきました。しかしそれには限界があり、やがて働き手が少なくなって、 経済活動も縮小 して行きます。, 生まれて来る子どもの人口が減る一方で、高齢者の寿命は医学の進歩と共に伸び続けています。その結果、高齢者の人口が増えて、 少子高齢化がどんどん進行 していきました。, 高齢者には、経済的のみならず身体的なサポートが必要になります。ところが現代の日本では、 高齢者を支える人口が急速に減って います。, 終戦後日本では、ベビーブームによる急激な人口増加が起こりました。総人口は 1966年頃1億人を突破 して、高度成長を支えました。, その後も、1971年からの第二次ベビーブームなどにより人口増加を続け、2008年に1億2808万人でピークを迎えます。そして2009年からは、人口減少に転じます。, 婚姻件数は、ベビーブーム世代が結婚適齢期を迎えた 1972年が戦後最多で、109万9984 組が結婚 しています。その後は下降を続け、2018年は戦後最低の58 万6438 組となりました。, また 女性の社会進出が本格化 して、自立する女性が増えました。一方で、男女ともに経済的な問題をかかえる非正規社員が増加しました 。, 結果として 晩婚化が進み ました。2018年の平均初婚年齢は、男性が31.1歳・女性が29.4歳で、1975年に比べそれぞれ4.1歳・4.7歳上昇しています。, 晩婚化により女性が第一子を授かる年齢も上昇、2018年は30.7歳となり、1975年に比べて5歳上昇しました。最近は医学の進歩などにより 高齢出産が増え ていますが、問題の出生数の減少には歯止めがかからない状況です, 婚姻数の減少と晩婚化により、2018年の出生数は91 万8397 人で、前年より2 万7668 人減少しました。出産可能な15~49歳までの女性が産む子どもの数の平均値を合計特殊出生率といいます。, 生まれてくる子どもが減少する一方で、医学の進歩や環境の改善により、男女ともに 平均寿命は伸び ました。その結果、急速に 少子高齢化が進み ました。, 生まれて来る子どもの数が減少すると、ゆくゆくは 次世代を担う人口が減る 問題につながります。生産年齢人口=15~64歳人口は、1995年の8716万5千人がピークで、2019年では7511万4千人に減少しています。, また若年人口(年少人口)=15歳未満人口は、2019年では1529万2千人となっています。1975年に2722万1千人と総人口の24.3%を占めていましたが、 2019年は12.1% に低下しました。, 若年人口の減少が止まらない問題は、 今後も生産年齢人口の減少が継続する という事実を突きつけています。, 高齢化の要因は、平均寿命が伸びた結果です。2018年の平均寿命は、男性:81.25歳・女性:87.32歳と 過去最高を更新 しました。, 高齢者人口=65歳以上人口は、 戦後ずっと増加 しており、2019年は3577万5千人と、総人口の28.4%を占めています。これは医学の進歩だけでなく、健康意識の高まり、衛生環境の整備、交通事故死の減少などの相乗効果によるものです。, 国の将来予測では、 高齢者人口は2042年に3935万人でピーク を迎え、その後は減少に転じるとされています。なんと 今後20年以上も高齢者人口が増え続ける という、厳しい現実問題が日本の実態なのです。, 今の日本は、生まれて来る子どもの数よりも亡くなる人の数が多い、いわゆる 多死社会 に突入しています。この現象こそが、人口問題のポイントです。, 1990年の合計特殊出生率が1.57 と判明、日本社会に大きなショックを与えました。その数値をいかに回復させるかが、平成時代を通じて時の内閣の課題となりました。, 1975年に1.91という数値を記録し2.0を下回ってからは、ゆっくりと下落が続いています。衛生環境が整った先進国において、 人口を維持するために自然増と自然減の境界は2.07 といわれています。, 安倍内閣では、2015年から 希望出生率1.8 を表明しました。前年に掲げた 50年後も人口1億人程度 を実現する施策を打ち出しています。, 政府は問題解決のため、「子育て支援」「保育や教育の無償化」「女性が輝く社会」などの対策をしました。残念ながら2018年は1.42となり、前年より0.01低下し、 1.8への道は大変険しい と言わざるを得ません。, 2018年の死亡者数は136万9千人と過去最高 を記録しました。同年の出生数が92万1千人であることから、 44万8千人の人口減少 となりました。, 総人口の3割近くを占める高齢者は、今後20年以上も増え続けます。間もなく亡くなる人が年間150万人に達し 、日本は「多死社会」になります。, 現在、多くの高齢者が病院や老人ホームで看取られ、その後速やかに火葬されています。多死社会で 最後を迎える場所 は、病院や施設ではなく、 自宅 になる可能性が高くなります。, 都会で亡くなると、火葬場の火葬処理能力の問題で、 火葬するまで何週間も待たされ ます。, アベノミクスにより大企業の経営が改善するとともに、 大都市への人口集中が止まらない 状況が続いています。人口の東京一極集中問題を是正するため、安倍政権は「地方創生」という政策を打ち出したが、結果が全く伴っていません。, 2018年の住民基本台帳人口移動報告によると、東京都市圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の 転入超過は13万9868人 でした。一方、大阪圏・名古屋圏では7~9千人程度の転出超過でした。, 人口流入は、東京圏の一人勝ちで、安倍政権が問題視していた 東京一極集中是正はもはや困難 な状況です。もっと問題なのは、地方創生どころか 転出が止まらない地方都市 です。, 転入超過の自治体は、東京圏以外では 大阪・愛知・福岡・滋賀 です。転入者数はいずれも4000人未満で、約14万人の東京圏は桁が違います。, 過疎化の進行が続く地方都市 の問題は、高齢者人口の比率が上昇し、若年者比率が低下がし続けていることです。高齢者は近い将来に自然減となり、若年者が少ないために子どもの数も限られ、過疎化が進むのです。, 2018年のデータから、全国にある1799の市区町村では、 約8割で転出超過 となっています。2014年に日本創生会議が発表した、 「896の消滅可能性都市」 が現実になりつつあります。, 特に 2040年時点で人口が1万人未満となる523市区町村 では、満足な行政・福祉サービスの提供ができなくなっています。これらの自治体は、 本当に消滅してしまう可能性が高い と思われます。, 政府は地域経済の中心都市を 中枢中核都市 と名付け、 82 都市を2018 年に選定しました。地方創生の原動力 と期待される中枢中核都市ですが、懸念されるのは ミニ東京化 の問題です。, 中枢中核都市の経済が活発になれば、近隣の自治体から人々が流入して来る可能性が大いにあります。周辺自治体の過疎化が進み、都市消滅の問題が起こらないよう、 交通システムなどのインフラ整備 が欠かせません。, 人口問題にはさまざまな原因があります。次の5項目について、まとめてお話ししましょう。, 婚姻件数は、1972年にはベビーブーム世代が寄与し、およそ110万 組が結婚しました。その後は下降を続け 2018年では半減 し、58 万6438 組となりました。, 年齢別の 未婚率は年々上昇 しており、2015年は、3034歳の男性の47.1%、同年代の女性の34.6%が未婚でした。また、3539歳の男性では35.0%、同年代の女性では23.9%が未婚者となっています。, 安倍内閣が掲げる「女性が輝く社会」の実現を推進した結果、 女性の社会進出が本格化、自立する女性が増えた ことも未婚問題の原因となっています。, やっと結婚してもさまざまな問題があって、 子どもを作らない夫婦も増え てきています。その主な問題となっているのが、 子育てや子どもの将来に対する不安 です。, 2017年に文部科学省が発表した、「平成28年度子供の学習費調査の結果について」という資料があります。資料では、幼稚園から高等学校までの15年間全て私立に通った場合、総額は1770万円、全て公立の場合は540万円となっています。, 一方、日本学生支援機構による「平成28年度学生生活調査結果」では、私立大学は4年間で約802万円、国立大学は約605万円かかっています。合算すると、 1145~2572万円が必要 で、子どもを作らない原因となっています。, その対策として政府は、2019年10月から 幼児教育・保育の無償化 を開始しました。また、2020年4月からは 私立高等学校授業料の実質無償化 (公立高校ではすでに無償化)と、所得の低い家庭に対し 大学の授業料の減免や給付型奨学金 を手当する制度がはじまります。, 2018年の日本人の平均寿命は、男性:81.25歳・女性:87.32歳と 過去最高を更新 しました。医学の進歩や栄養・衛生環境の改善により、今後も平均寿命は伸びる可能性があります。, 2017年の推計によりますと、 2036年には国民の3人に1人が高齢者 となり、その後も高齢化率は上昇を続けます。減少する一方の現役世代(15~64歳)が、多くの高齢者を人的・経済的に支える大変厳しい社会問題が待った無しの状況です。, アベノミクスの恩恵で、大企業は大いに利益を出して景気回復をけん引しています。そのため大企業が拠点を置く都市部で人手が必要になり、 若者を中心に都市部へ人口が集中 する問題が出てきました。, 大学も都市部に有り 、若者が更に集中していることも、人口集中の原因です。大学を卒業しても都市部に留まる若者が多く、周辺都市の過疎化が進んで行きます。, 2019年11月に総務省が発表した「労働力調査基本集計」によりますと、同年9月の就業者数は6768万人に達し、2012年から449万人増えました。アベノミクスにより新たな雇用が生まれましたが、問題は増加分の 約7割が非正規労働者 ということです。, 雇用が不安定で低賃金の非正規労働者が増えた結果、経済的な理由や将来への不安で、 結婚できない若者が多い ということが問題なのです。将来に希望を持ちにくい社会では、豊かな家庭生活、まして子どもの多い世帯を増やすことは難しいと思われます。, 年金や医療・介護費、子育てなどの 社会保障費が120兆円 を上回り、そして問題は今後も増加が避けられないことです。それをまかなうために、2019年に消費税を10%にアップしましたが、 全く足りない のが現状です。, 日本では高齢者人口の増加により、社会保障費が今後20年以上も増え続けると見込まれます。この問題を解決するために、 定年や年金支給開始の年齢の見直し、健康寿命の延伸 などの対策が叫ばれています。, 年々膨らむ社会保障費が問題となっていますが、その中でも一番は 年金問題 です。少子高齢化が止まらない日本では、いずれ 年金制度が崩壊 するのではないかと、心配する人々も少なくないでしょう。, 日本の年金問題は、現役世代の負担で老齢世代の年金が賄われている 「賦課方式」 を採用していることです。自分が現役時代に積み立てた年金を、老後に受け取る「積み立て方式」と違って、 少子高齢化が進むほど、現役世代の負担が重く なってしまいます。, 人口が増えている間は問題が無かった賦課方式ですが、少子高齢化が進むにつれて 財源不足の恐れ が出てきます。現役世代に重い負担を強いるには限界があるからです。, 政府は年金をカットできる 「マクロ経済スライド」 を導入したり、支給開始年齢を引上げたりして、やりくりをしています。, 高齢者の増加に伴って、 40兆円を大きく超える医療費 が、大きな問題となっています。誰でも高齢化するといろいろな病気にかかるため、加速度的に医療費が高騰します。, 一方、 医療の高度化や画期的な新薬の登場 により、救われる命が増えていますが、その分多くの医療費がかかっています。政府は、 紹介状が無いと別途自己負担金が必要、後期高齢者の窓口負担を増やす などの手法で医療費を抑えようとしています。, 人口が減って行く社会では、これまで変わらない消費活動だと、 実質的な消費は減少 するという問題があります。その分一人当たりの消費を増やせば解決しますが、賃金も上がらず非正規雇用が多い日本では、有効な策が打てていません。, このままでは経済成長率が低下して、 じり貧の国家 になってしまう懸念があります。豊かな高齢者の消費活動を更に活性化する以外に、この問題を乗り切る策がありません。, 低賃金の非正規労働者が多く、将来の年金の額も期待できないため、 一生現役 で働く人が増加しています。前述しましたが、年金の支給開始年齢も引上げられるでしょう。, そうなれば、やむを得ず働き続け、ベテラン社員がいつまでも会社に残ってしまいます。会社の新陳代謝が滞る問題となり、 若者たちはなかなか良いポストに就けません。, 人口流出などにより過疎化した地域が増えて、自治体として限界が近い場合に、 市町村合併や統合がさかん に行われてきました。しかしながら、単純に合併しただけでは、地方は活性化しません。, 多くの人が繰り返し訪れるイベントなどを企画して、参加した人々に SNSで情報を発信 してもらうなどの工夫が必要です。市町村合併により街が拡大したため、行政サービスが行き届きにくいという問題も起きています。, 少子高齢化による人口減少問題は、その影響が医療や介護の現場で顕著に表れています。医療や福祉のサービスは、 マンパワーが十分にないと機能しません。, さらに人口が少なくなれば、 病院が撤退して無医村 になってしまう危険性があります。そうなれば大問題、暮らしたくても住めなくなってきます。, 若者や子どもは。将来のマンパワー の担い手です。若者が少ない、子どもがいない地域では、今は問題が無くても、現役世代が高齢者になった時に、 支えてくれる人がいない 可能性もあるのです。, 人口問題を何とかしなければ、近い将来日本の地盤沈下は避けられません。高齢者を支える仕組みばかりを整備しても、明るい未来はやってきません。, 大事なことは、若者が暮らしやすい社会、将来に希望が持てる社会、大きな格差が無い社会、子育てがしやすい社会、健康で平和な社会の実現です。, みん終編集部です! 日本が先進国の中で一番最初に直面している大問題、それは人口問題です。2009年から人口減少が始まった日本では、少子高齢化が非常に早いスピードで進みました。人口問題は、経済活動に悪影響を及ぼすだけでなく、介護や年金問題なども顕在化してきました。

哲学者 名言 恋愛, ケンタッキー 部位 写真, スカーレット 伊藤健太郎 彼女, マインスイーパー ルール わからない, ヨドバシカメラ 本社 移転, 中満 泉 経歴, アルパカ ワイン ロゼ, 真矢 みき 美容, ニッポンノワール 原作 韓国, Gu 大型店限定 取り寄せ, Steam プロコン ジャイロ設定, Twitter 画像保存 許可,