食品 消費量 統計

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries. https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_doutai/doutai_top.html 国内生産. 冷凍食品に関する統計データのpdf版を、過去のデータも含め掲載しています。 詳しくはこちら. 世界で大きな問題となっているこのとの一つとして「食品ロス」があげられます。食品ロスについて、一人当たりの年間の食品廃棄物量(食べ残し量)を主要国でランキングし、日本の現状と世界の取り組みを書いています。 我が国の国民1人・1日当たりの供給熱量は、平成8(1996)年度の2,670kcalをピークに米や魚介類を中心に減少を続け、平成25(2013)年度は2,424kcalとなっています(図1-3-1)。. 2020年11月6日 オーダーメード集計の利用可能年次(2019年(令和元年))を追加しました。 更新情報. 『食品産業統計年報』(食品産業センター 年刊 【Z41-5307】) 食品工業に関する統計が掲載されています。品目別事業所数や従業員数、賃金、企業の経営指標、売上高順位などがわかります。加工食品についての統計も掲載されています。また、主要国の穀物や農作物の需給についての統計も掲 … このページは、農林水産省大臣官房政策課食料安全保障室が実施している食品産業動態調査の調査結果を紹介するものです。, 本調査では、米、小麦や大豆等を原料とする加工食品の生産量等について毎月調査分析を行っております。また、年度末には、当年における加工食品の動向について、その変動要因等に関する分析を行っております。, なお、本調査は、農林水産省が、食品産業の動向を把握するため、調査の企画・立案から調査の実施・分析に係る業務を一体として、予算の確保の目処がつきしだい行う入札の受注者に請け負わせて実施しているものです。, 平成31年2月報及び平成31年3月報の即席めん類カップ麺の生産量等について誤りがあったため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 令和 2年3月   調査結果(PDF : 1,033KB)  統計表(EXCEL : 174KB), 令和 2年2月   調査結果(PDF : 1,032KB)  統計表(EXCEL : 180KB), 令和 2年1月   調査結果(PDF : 856KB)  統計表(EXCEL : 188KB), 令和 元年12月   調査結果(PDF : 901KB)  統計表(EXCEL : 202KB), 令和 元年11月   調査結果(PDF : 898KB)  統計表(EXCEL : 199KB), 令和 元年10月   調査結果(PDF : 875KB)  統計表(EXCEL : 196KB), 令和 元年9月   調査結果(PDF : 889KB)  統計表(EXCEL : 194KB), 令和 元年8月   調査結果(PDF : 886KB)  統計表(EXCEL : 195KB), 令和 元年7月   調査結果(PDF : 884KB)  統計表(EXCEL : 187KB), 令和 元年6月   調査結果(PDF : 880KB)  統計表(EXCEL : 189KB), 令和 元年5月   調査結果(PDF : 875KB)  統計表(EXCEL : 182KB), 平成31年4月   調査結果(PDF : 871KB)  統計表(EXCEL : 182KB), 平成31年3月   調査結果(PDF : 822KB)  統計表(EXCEL : 175KB), 平成31年2月   調査結果(PDF : 865KB)  統計表(EXCEL : 164KB), 平成30年度年報の「第1章 食品製造業をめぐる市場経済動向」(11ページ)について誤りがあったため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成29年度年報の食肉缶・びん詰、水産缶・びん詰、農産缶・びん詰及び調理缶・レトルトパウチの生産量等について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成31年2月20日修正箇所抜粋(PDF : 2,299KB)分割版1(PDF : 1,778KB)  分割版2(PDF : 524KB), 平成29年度年報の「食品製造業統計表」(124ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成29年度年報の「食品製造業統計表」(134、135ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成28年度年報の「第3章 加工食品の輸出入動向」(69 、 79ページ)及び、「食品製造業統計表」(232、233ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成28年度年報の「食品製造業統計表」(233ページ)について誤りが認められたため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, 平成27年度年報の「第3章 加工食品の輸出入動向 総論」(62 - 64ページ)及び、マカロニ類の生産量等について誤りがあったため、差し替え修正をいたします。なお、修正箇所に下線をひいた資料(修正箇所抜粋)を以下に掲載いたします。, なお、調査実施機関である (社)食品需給研究センターのホームページ(外部リンク)でもご覧になれます。, PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 国内消費 当協会の統計では、「冷凍食品国内生産量」と「冷凍野菜輸入量」、「調理冷凍食品輸入量」の合計を冷凍 食品の「消費量」としている。 21年(1~12月)のわが国の冷凍食品消費量は、上記の国内生産量 1,396,035トンに、財務省貿易統計 による冷凍野菜輸入量 760,997トン(対前年比98.8 食品ロス(しょくひんロス)、食料ロス(しょくりょうロス)、またはフードロス(Food loss)とは、売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など、本来は食べることができたはずの食品が廃棄されること。 食品の廃棄や損失の原因は多様で、生産、加工、小売、消費の各段階で発生する。 統計資料 » “冷凍食品の利用状況”実態調査 ; 当協会では毎年、“冷凍食品の利用状況”実態調査を実施しています。 令和2年 “冷凍食品の利用状況”実態調査について. Posted: 2020年4月9日. 総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。 全国消費実態調査は、我が国における家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し、家計の構造を所得・消費・資産の3つの側面から明らかにすることを目的として、昭和34年から5年ごとに実施されています。 消費・食品ロス・食育 食品循環資源の再生利用等実態調査 食品製造業、食品卸売業、食品小売業、及び外食産業における食品廃棄物等の年間発生量、発生抑制量、減量、再生利用等(全国) 食品製造業の生産動向. 一般社団法人日本冷凍食品協会調べによる、わが国の冷凍食品国内生産量や生産金額(工場出荷金額)です。 詳しくはこちら. 家計消費状況調査は、平成30年1月調査分から調査項目を変更しました。そのため、平成30年1月調査結果分からいくつかの結果表も変更になりますので、時系列推移を見る場合などはご留意ください。 結果表の変更について(平成30年1月分から) New! 農林水産省「食品ロス量(平成29年度推計値)の公表について」 環境省「我が国の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値(平成29年度)の公表について」 消費者・事業者双方の協力が必要です. 品目別国内生産量推移. 平成27年度のエネルギー消費統計調査において、集計方法の見直しを行いました。 これに伴い、平成19年度まで遡って数値を改訂していますので、ご注意ください。 用語の解説 (1)電力購入(買電) 電力会社等から購入した電力量です。 (2)燃料消費量 農林水産省資料を基に消費者庁にて作成 出典 : 「Global Food Loses and Food Waste(2011)」(FAO) 【参考】「平成21年度食品ロス統計調査」(農林水産省) FAOの報告書によると、世界の食料生産量の3分の1にあたる約13億トンの食料 が毎年廃棄されている。 先進国ではかなりの割合が消費段階で無駄に … 家計消費状況調査は、世帯を対象として、購入頻度が少ない高額商品・サービスの消費やict関連消費の実態を毎月調査しています。調査結果は、個人消費動向の分析のための基礎資料として利用されるとともに、我が国の景気動向を把握するための基礎資料としても利用されています。 味噌の消費量がどんどん減っている・・・そんなことが叫ばれ始め、はや数年。日本の食文化の代表を担ってきた1食品と言っても過言ではない味噌が危機に迫られています。今回は味噌の消費量ランキングや味噌の現状についてまとめてみました。 経済・統計 農業・食品 アセアン キリンホールディングスが23日発表した2019年の国別ビール消費量調査で、東南アジアではベトナム、フィリピン、タイの3カ国が世界25位内に入った。 食料消費の状況を示す指標として、国民に対して供給される総熱量である供給熱量と国民に実際に摂取された総熱量である摂取熱量があります。供給熱量は流通段階も含めて廃棄された食品や食べ残された食品も含まれているため、これと摂取熱量との差は、食品産業において加工工程でやむを得ず発生する食品残さを含めた廃棄分や家庭での食べ残し等のおおよその目安とされます。, 我が国の国民1人・1日当たりの供給熱量は、平成8(1996)年度の2,670kcalをピークに米や魚介類を中心に減少を続け、平成25(2013)年度は2,424kcalとなっています(図1-3-1)。, 一方、摂取熱量は、昭和50(1975)年から減少傾向で推移し、平成25(2013)年は1,873kcalとなっています。, 平成26(2014)年の消費者世帯(二人以上の世帯)における1人当たりの食料消費支出実質額は、2万2,319円となり、前年に比べ1.2%減少しました(図1-3-2)。, また、1世帯当たりの対前年実質増減率を品目別にみると、魚介類は7.3%、米は4.9%、外食は2.7%減少した一方、パンは0.8%、肉類は0.7%の増加となっています(図1-3-3)。, 我が国の一般世帯における家族類型別割合をみると、夫婦と子の世帯は大きく減少する一方、単身世帯は大きく増加し、平成47(2035)年には、37.2%まで増加することが見込まれています(図1-3-4)。, このような中、外食及び加工食品、生鮮食品別に食料支出の構成割合をみると、全世帯において生鮮食品から加工食品への移行が進み、食の外部化が進展する見込みです(図1-3-5)。, 特に、今後、増加が見込まれる単身世帯においては、外食及び生鮮食品からの移行により、加工食品の割合が著しく増加する見込みとなっており、こうしたニーズに適(かな)った食品・農産物の生産を推進していくことが重要と考えられます。, 中食とは、レストラン等へ出かけて食事をする外食と、家庭内で手づくり料理を食べる内食の中間にあって、市販の弁当やそう菜、家庭外で調理・加工された食品を家庭や職場・学校等で、そのまま食べることや、これら食品(日持ちしない食品)の総称としても用いられています。, 農林水産省が消費者を対象に行った調査によると、月に1日以上の頻度で中食を利用する割合は、単身世帯、二人以上の世帯ともに、弁当類(主食的な調理食品)が7割、そう菜類(副食的な調理食品)が8割となっています。, 中食を利用する理由については、単身世帯、二人以上の世帯ともに、「時間がない」、「普段自分が作れないものが食べられる」等の割合が高くなっています。, 特に、単身世帯においては、二人以上の世帯に比べ、「調理・片付けが面倒」、「自分で食事を作るより価格が安い」の割合が高くなっています。また、総務省「家計調査」においても、二人以上の世帯に比べ、弁当、おにぎり、サラダ等の支出金額が多く、極力手間がかからず経済的な食事として中食を利用している実態が伺えます。, 大臣官房広報評価課情報分析室代表:03-3502-8111(内線3260)ダイヤルイン:03-3501-3883FAX:03-6744-1526, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries. 冷凍食品に関する統計データのpdf版を、過去のデータも含め掲載しています。 令和2年4月15日 統計速報資料(pdf) このpdfに含まれるレポートの内容. 加工食品8部門の月次生産統計(畜産食料品、水産食料品、農産食料品、製穀粉・同加工品、調味料、コーヒー・茶系飲料、菓子、調理食品) 農林水産省 ※上記の統計はこちらでもご覧になれます. 家計消費状況調査 ; 小売物価統計調査 ... 不審に思われた場合は,各都道府県統計主管課までお問い合わせください。 <最新結果(二人以上の世帯) 2020年10 月分・時系列データ> お知らせ . 近年、我が国の経済状況は、13年から続いていたデフレを脱却しつつあり、実質GDP(国内総生産)(*1)の増加率は、17年度で2.4%で4年連続のプラスとなるなど(*2)、経済成長の安定性が高まり、景気の回復がみられる。 しかしながら、勤労者世帯の可処分所得が伸び悩むなか、消費支出も抑えられ、個人消費の低迷がうかがわれる。18年は、将来への不安から貯蓄する傾向の強まりや天候不順の影響等から消費支出は大きく減少し、平均消費性向も5年ぶりに低下している(図1-24)。 *1 [ … 本州中央部で消費量が多く、両端に近づくほど消費量が少ない同心円状分布になっている。 2020-04-09 冷凍食品消費量 [2018年 第一位 富山県] 国家統計局の統計によると、2016 年の1 人当たりの年間食品消費量については、食糧 (穀類等)は132.8kg、食用油脂消費量は10.6kg、野菜および食用菌類は100.1kg、肉類 は26.1kg、家禽類は9.1kg、水産品は11.4kg、卵類は9.7kg、乳製品は12kg、果物類は 48.3kg、ナッツ類は3.4kg、糖類は1.3kg、酒および飲料がそれぞれ129kg と53kg であ った(表1 参照)。 農水省「米麦加工食品生産動態統計調査」 「食料自給率レポート」 種類別出荷数量: 2000~2019: 全味工連集計: 容器別出荷数量: 2000-2019: 全味工連集計 販売先別出荷数量 2000-2019: 全味工連集計 2019全国主要都市の味噌小売価格調査 都道府県庁所在市別1人当たりの味噌購入量 2018. 一方、摂取熱量は、昭和50(1975)年から減少傾向で推移し、平成25(2013)年は1,873kcalとなっています。. データ(エクセル:107KB). 全国消費実態調査は、我が国における家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し、家計の構造を所得・消費・資産の3つの側面から明らかにすることを目的として、昭和34年から5年ごとに実施されています。

自転車 ブレーキ 効かない夢, イギリス 名前 意味, アサヒスーパードライ Cm 福山雅治, 味仙 台湾ラーメン エイリアン, 沖縄 中華 持ち帰り,