jash ポケモン 放送事故

フジテレビ放送「ポケモンgoが変えた世界」のジョン・ハンケ氏全メッセージと内容をまとめました。ハンケ氏がポケモンgoに込めるメッセージやポケモンgo開発者のこだわり、ポケモンgoを使った取り組みなど、ポケモンgoを楽しむユーザーにぜひ見ていただきたい内容となっています。 The novel "放送事故" includes tags such as "ポケモン剣盾", "ホップ" and more. wtkb ドッキリ仕掛けられるkbnさん 生放送なのに倒れてあわや放送事故になりかけるが、視聴率がえげつなく何度も再放送される . 神速? ポケモンgoに赤い「ゲノセクト」登場 伊藤園の自販機でサプライズも. 29/112作品 ねや@通販始まりました. パカパカの演出についても再開後は見られなくなり、またOP映像においても一部修正が行われ、赤と青の複合セルによる演出が大幅に差し替えられている。特にタイトルロゴは完全新規となり、従来のものは「左右から赤と青のロゴがワイプしタイトルロゴが完成する」という表現だったのだが、再開後は3DCGによるものとなっている。, なお、事件の後に発売されたビデオやDVDではこの"第38回の分"はカットされているため、TV放送を録画していた人にビデオを見せてもらう等しない限り今から見ることは不可能である。 603 8ヶ月前. ↓↓広告を消して動画を視聴↓↓↑↑広告を消して動画を視聴↑↑引用させて頂いた公式動画キャラクターの使用回数や運極者数などをランキング!そして今年のmvpは誰の手に…?年末拡大版!超モンストランキング2020!【モンスト公式】#ビナー#を#救 12/18(金) 19:11. ゲームに夢中の女性キャスター、ポケモンを追って生放送に乱入1日もはやい日本上陸が待たれる『ポケモンgo』。スマホなどで街に生息するポケモンをゲット出来るこのゲームに、諸外国ユーザーはマジで夢中。その熱狂っぷりは、すでにお伝えした通りだ。 放送事故が起こったテレビ番組は、アメリカのニュース番組『10News WTSP』の生放送中です。 気象予報士と天気図のセットのあるスタジオの前を、ポケモンGOに夢中になった女性キャスターがスマホ画面を見つめながら横切っていくのが写っています。 ポケモン. 高齢者の交通事故相次ぐ 1人死亡1人重体 . 【放送事故】気象予報士が堂々とオナラをしながら天気予報 【ポケモンgoまとめ】裏技、遊び方、注意点など全記事40本 / 2016年7月23日am3:30時点 【放送事故】天気予報の生放送にまさかの珍客 / 遠慮なしの乱入劇で画面をジャック! 思わぬ放送事故!?ポケモンgoの意外なところで起こった熱狂ぶりに海外衝撃(海外反応) ポケモンgoに熱中しすぎて生放送中の天気予報に乱入してしまうハプニングに海外からコメントが寄せられてい … この事件はマスコミにおいても大々的に報道され、TV番組ではなくポケモンそのものへの批判などもあった(某全国紙ではピカチュウが電撃を発する写真と共に「ピカチュウ 子供たちを襲う」という見出しが付けられたりもした)。特に当時は今ほどインターネットが普及しておらず、テレビや新聞の他は口コミが主な情報伝達手段であったため、該当シーンを実際に見た子供たちの「ピカチュウの目が光ったら気分が悪くなった」「ポリゴンが画面から出てきた」等の、事実とは異なる部分のあるイメージの先行した噂話が広まった事も一因となっている。しかし、後日他の番組(後述)においても同様の事例があった事が判明するなどして、次第にポケモンそのものへの批判は収束した。そして何より、事例こそ報告されていないもののニュース番組の映像でよくあるカメラのフラッシュの明滅でも同じ事が起こる可能性が指摘されることにより、当事件に対する批判が一気に減速した。, 事故後、テレビ東京は原因究明及び再発防止策がまとまるまでポケモン関連の放送を休止し、同枠を「学級王ヤマザキ」に差し替え、レンタル貸し出しや系列局における再放送の自粛などを要請している。 ポケモン騒動の発端となった『ポケットモンスター』38話“でんのうせんしポリゴン ”。 bパートを中心に問題となったシーンを見ていると、確かに目がチカチカする感じで刺激も強いです。 38話の何が原因でポケモン騒動が起きたのか? 日本聖心同窓会(JASH)のウェブサイトです . おまけwtkb キバナの反応がおもしろいので悪ノリする竜王と、語彙力を失う限界ヲタ . ID: 0MOZiAMB1V, 2020/11/04(水) 00:02:41 ポケモン. その後NHKと民放連のガイドライン発表の見込みが出来たとして放送再開を発表、検証番組を放送した上で火曜から木曜のゴールデンに時間を移して放送を再開している。今では恒例となっている注意を促すテロップ「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください。」はこの事件がきっかけである(但し、テロップを出さない局や時間帯により出さない場合もある)。 12/19(土) 12:03. ポケモン. ポケモンGO 放送事故。 放送事故が起こったのは、米ニュース番組「10News WTSP」の生放送中だった。 気象予報士の男性が、天気予報を伝えていたらポケモンGO に夢中になった 1人の女性が堂々とカメラの前を横切った!!! これやらせじゃなかったらしい。 ポケモンやタイタニック、フェリー沈没事故で放送延期 2014年4月24日 10:11 ロイター/アフロ 韓国の旅客船沈没事故を受け、テレビ東京は、24日放送のアニメ「ポケットモンスターXY」の「海底の城! 【ガチ放送事故】アニメの黒歴史 最悪編 エヴァンゲリオンからポケモンを見る - Dailymotionでjapan_starsを視聴 88. 韓国の仁川松島で開かれた「ポケモンワールドフェスティバル2017」で、舞台で踊っていたピカチュウに、不審な男性がダッシュで駆けより抱きつくという放送事故が起きたそうです。 【放送事故】気象予報士が堂々とオナラをしながら天気予報 【ポケモンgoまとめ】裏技、遊び方、注意点など全記事40本 / 2016年7月23日am3:30時点 【放送事故】天気予報の生放送にまさかの珍客 / 遠慮なしの乱入劇で画面をジャック! 【放送事故】ポケモンGOに夢中の女性キャスター、ポケモンを追って生放送中の画面を横切る [無断転載禁止]©2ch.net 1 : 神のみそ汁 ★@無断転載は禁止 :2016/07/14(木) 17:51:19.00 ID:CAP_USER9 【アロガラ杯】決勝戦!Masanari34 VS JASH!!ポケGO実況者タッグ戦!チャンピオンに俺はなる!【ポケモンGO】 2020年12月16日 Twitter Facebook Google+ LinkedIn Pin it; B! 現在正式な第38話とされているのは、放送が再開された1998年4月16日放送の「ピカチュウのもり」であり、「でんのうせんしポリゴン」は、所謂封印作品の扱いを受けている。(余談ではあるがこの「ピカチュウのもり」という回についても、サトシとピカチュウの別れを危惧した内容となっており、当時番組が存続の危機から立ち直る事に関するメタフィクションとも取れる内容となっている。なお同日は39話と併せて二話連続放送であった。) 光過敏性発作 > ポケモンショック ポケモンショック とは、 1997年 12月16日に テレビ東京 および系列局 (TXN) で放送された テレビアニメ 『 ポケットモンスター 』(ポケモン)の 視聴者 が 光過敏性発作 などを起こした 放送事故 ・ 事件 である。� 2020-12-24 Merry Christmas from JASH! 放送事故が起こったテレビ番組は、アメリカのニュース番組『10News WTSP』の生放送中です。 気象予報士と天気図のセットのあるスタジオの前を、ポケモンGOに夢中になった女性キャスターがスマホ画面を見つめながら横切っていくのが写っています。 ポケモンgoでついに放送事故 「ポケモンgo」をもっと詳しく . ポリゴンショックとは、アニメのポケモンでの演出が原因で、発作を起こした視聴者を多数発生した事件です。ニュースでも取り上げられ、死亡者もいたと囁かれるポリゴンショックですが、実際はどのような事件だったのでしょうか?ポリゴンショック事件について紹介していきます。 ポケモン . ポケモンショック(ポリゴンショック・ポケモンフラッシュetc...)とは、忘れる事の出来ない事件である。, 1997年12月16日にこの事件は起きた。アニメ『ポケットモンスター(無印)』の第38話(当時)「でんのうせんしポリゴン」において、コンピュータ世界を表現する為に、「パカパカ」と呼ばれる技法をはじめとする、ストロボやフラッシングなどと呼ばれる激しい点滅エフェクトをおよそ25箇所に渡り1秒以上連続使用していた。番組後半において(特にピカチュウの攻撃がワクチンソフトに直撃した時)などに多用された。(特に問題になったのは、赤と青が交互に激しく点滅する背景)これにより視聴者(主に子供)が体調不良を訴えて病院へ搬送され、135人が入院したとされている。原因は前述のもので、これにより光過敏性発作が引き起こされたと考えられる。 ID: bxDMR7743C, 2020/12/11(金) 11:31:41 またレーザーディスク版は自主回収も行われておらず、完全に放送当時のままで問題のシーンも収録されている。, 事件前には当たり前だったパカパカという演出は、事件後大幅に自粛されるようになった。事件以降に (ポケモンに限らず) 過去のアニメを再放送する場合、相当する演出シーンはアニメーションせずカットの静止画を一枚映すだけなどの対策が講じられた。, また電撃などの、複数色の繰り返しを伴わない単色光の強いフラッシングも規制の対象となり、現在では主にこの効果が使われるシーンの明度そのものを大幅に落とす手法が採られている。アニメを観ていていきなり画面が薄暗くなったら「ああフラッシュするんだな」という心構えができるというメリットはあるものの、演出としてはインパクトが削がれてやや物足りなさを感じるかもしれないが、こればかりはまあ仕方ないね。, アニメだけでなくテレビゲームの自主規制も行われるようになった。たとえばファイナルファンタジーVIの初作は「むげんとうぶ」で点滅の演出があったが、PS版では点滅のスピードが遅くなり、GBA版では点滅自体がなくなった。 信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて... 【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】「一発食らってから反撃」など不可能な、本物の斬り合いがある「ブシドーブレード弐」, 巨大すぎる!山田養蜂場のスズメバチ模型が話題に ハチの大群に「地球防衛軍見てるみたい」などの声, 西日本最大のターミナル駅「大阪駅」をプラレールで再現 トミカも使って駅周辺まで作り込むこだわりっぷり, 桜を見る会「秘書がやった」で幕引き? 弁護士グループ「安倍氏の責任をしつこく追及する」, 「いつでも一緒がいいニャ」 お父さんのことが大好きな保護猫ちゃんのデレデレっぷりがかわいい. 12/19(土) 18:29 ... 12/19(土) 18:26. 一覧へ. お問い合わせ; ホーム; JASHについて; 年間行事; 海外JASH会員の集い; 聖心ファミリー; 刊行物・頒布物; ENGLISH; 聖マグダレナ・ソフィア 〜 今日の言葉 〜 JASHからのお知らせ. 本家ポケモンでも例外ではなく、近年ではバーチャルコンソール等で配信されている過去作のポケモンシリーズ(第一世代・第二世代等)においても、「10まんボルト」等、激しく点滅する効果についても修正処理が行われるようになった。, また演出ではないが、報道番組での会見等の映像で新聞記者の使うフラッシュが同じ効果を起こしうることがわかり、映像にフラッシュの明滅を抑える加工をして使用するようになっている。, 《 警告 》上記動画において、ポケモンショック(光過敏症)の原理を体感できる。 学術調査目的のため、参考リンクしておくが、光過敏症に陥る恐れがあり、非常に危険である。暇つぶしや肝試しなどという安易な気持ちからは絶対に見ないでほしい。やむを得ず視聴する場合には、体調が万全であることを確認した上で、①部屋を明るくして、②モニタから十分離れ、③眼の焦点をモニタ外におくように注意してください。, ちゅうい : うえの どうがを みるときは おとうさんか おかあさんと いっしょに みましょう。, 2020/09/20(日) 13:10:03 ポケモンショックとは、1997年12月16日にテレビ東京および系列局 (TXN) で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』(ポケモン)の視聴者が光過敏性発作などを起こした放送事故・事件である。事件の影響でポケモンの放送が4カ月の間休止された。, なお、「ポケモンショック」の名称は俗称であり、他にも「ポリゴンショック」「ポケモンパニック」「ポケモン(ポリゴン)事件」「ポケモン(ポリゴン)騒動」「ポケモン(ポリゴン)フラッシュ」などとも呼ばれる。, 発端となったのは、1997年12月16日の18:30 - 19:00にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半あたりの映像である。ビデオリサーチ社調べによるこの回の視聴率は、関東地区で16.5%、関西地区で10.4%だった。, この回は、主人公・サトシたちがコンピュータ内で起きている事件を解決するためにコンピュータ内部に入り込むという内容だった。この回ではコンピュータの世界を表現するため、ワクチンソフトによる攻撃シーン、破損したデータを修復したシーンにパカパカを始めとするストロボやフラッシングなどの激しい点滅が多用された。後にテレビ東京が配布した報告書「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」によれば、25箇所にわたって1秒間以上連続して使用しており、特に番組後半はこれらが連続して使用された。特に顕著だったのが、ピカチュウの技「10まんボルト」がワクチンソフトのミサイルに当たった場面である。「アニメ『ポケットモンスター』問題に関する記録」では、各局の同時ネットにより、345万人の視聴者(4 - 12歳)が見ていたと推定している。, この回の放送直後、放送を見ていた視聴者の一部が体調不良を訴え、病院に搬送された。病院に搬送された患者の多くは児童だった。自治省(現・総務省)消防庁のまとめで30都道府県の651人が病院に運ばれ、うち130人以上が入院した[1]。患者の症状は主に発作様症状、眼・視覚系症状、不定愁訴、不快気分、倒れたり、頭痛や吐き気などである。原因は上記の激しい光の点滅を断続的に見たことにより、光過敏性発作が引き起こされたためとされる。, 病院に搬送されないまでも何らかの影響を受けた児童の総数は数千人に達すると推定されている[2]。, 一つのテレビ番組を見ていたことで700人近くが病院に運ばれたのは、世界のテレビ史上初の出来事であったとされる[2]。, 事件直後、第一報を伝えたのは同日21:59からの1分間の『NHKニュース』(NHK総合テレビ)であった。[3]同日23:30の『ニュースJAPAN』(フジテレビ系列)でも報じている。翌日以降は新聞やワイドショー(日本テレビ系列の『ザ・ワイド』、フジテレビ系列の『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』他)など、マスコミで大きく報じられた。, この事件をきっかけとして、しばらくの間ゲームを含めたポケットモンスター全体に対するバッシングが行われた。これについて、アニメ版の第1作から構成・脚本で関わっていた脚本家の首藤剛志は、その多くが騒動に便乗し、根拠に欠くようなものに感じた、と述べている[4]。, しかし、NHKが1997年(平成9年)3月29日に放送したアニメ『YAT安心!宇宙旅行』第1期・第25話でも、同様の原因で気分を悪くしていた視聴者がいたことを明らかにしたことや[1]、各放送局の調査で、アニメや実写映像なども同じような危険性をはらんでいること、さらには記者会見などの映像でのカメラのストロボでも同じ症状が起こることが判明したため、ポケモンやアニメへのバッシングは次第に終息していった[5]。, 事件後、テレビ東京は原因が究明されて再発防止策がとられるまで、特番を含めた『ポケットモンスター』関連の放送を全て休止すること、および『おはスタ』で『ポケットモンスター』の関連情報を調査の結果が分かるまで扱わないことを発表した。事件翌日の1997年12月17日には、『少女革命ウテナ』にて、前日放送分の『ポケットモンスター』の録画視聴を避けるよう告知するお詫びテロップが各局で流された。, 事件の翌週以降、同枠はアニメ『学級王ヤマザキ』に差し替えられた。この他にもテレビ東京ではポケモン関連番組・コーナーの放送自粛、レンタルビデオ店からのアニメの撤去の要請、テレビ東京の系列外で『ポケットモンスター』の遅れネットにて放送されるローカル局に当該放送分以外の回も含め放送を自粛するよう要請した。遅れネットでは翌日12月17日の岐阜放送での放送が最速となる予定だったが、予定日の現地朝刊の番組表は差し替え番組を掲載した。『ポケットモンスター』枠は大半が『学級王ヤマザキ』、一部のネット局は別のアニメの再放送・遅れネットやアニメ以外の遅れネット番組を編成した。, 1998年4月11日13:00 - 13:55 には、本事件の経緯等を説明する検証番組『アニメ ポケットモンスター問題検証報告』が、テレビ東京系列6局で放送され、4月16日に再放送された。, テレビ東京は、日本国外のガイドラインのうち罰則も規定されているイギリスの独立テレビジョン協会のガイドラインを参考にして、他局よりも一段厳しいガイドラインを策定するため、1998年始め早々に調査団を派遣した他、アメリカにも同様の調査団を派遣した。この他に、局内調査はもちろん、外部調査チームの受け入れやアニメチェッカーの開発と導入を行うなど、事件の当事者として最大限の再発防止策をとった。, 再発防止対策として12月18日にNHK(日本放送協会)が「アニメーション問題等検討プロジェクト」を立ち上げ、その際に前述した『YAT安心!宇宙旅行』にて放送後に同様の原因で4人の児童が体調不良を訴えていた事例があったことを明かし、「そのとき原因究明をしていれば、今回の事件は起こらなかったかも知れない」として陳謝した。, NHKおよび日本民間放送連盟(民放連)は1998年4月、「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン[6]」を策定。以下の手法をともなう映像表現について強い注意を払うことを各事業者に求めた。, 厚生省(当時)が「光感受性発作に関する臨床研究班」を発足させたほか、郵政省(当時)も「放送と視聴覚機能に関する検討会」を設置、NHKと日本民間放送連盟(民放連)も共同ガイドラインを策定することで合意した。NHKは『クローズアップ現代』で本事件を扱った緊急特番を放送した。またNHKは本事案を受け、「日本放送協会国内番組基準」第1章第11項「表現」の中に、「アニメーション等の映像手法による身体への影響に配慮する」という規定を追加、中央放送番組審議会での諮問・答申、NHK経営委員会の議決を経て、1998年5月26日より施行された[7]。, 郵政省は放送法の目的等に違反したとして、1998年4月5日に放送行政局長名による厳重注意を実施。テレビ東京に対して、ガイドラインの策定など再発防止措置の充実に取り組むよう強く要請した[8]。, 事件後、アニメの放送再開を希望する声は多く、テレビ東京に1998年1月30日までに寄せられた意見3,076件のうち、放送再開を望む意見は全体の72%を占める2,223件だった。3月30日にはNHKと民放連のガイドラインが発表される見込みが出てきたとして、早ければ4月16日に再開できるとし、放送再開を前に事件の検証番組を放送することを発表した。, 4月8日に、NHKと民放連は光の点滅などを規定したガイドラインを発表。4月11日午後1時00分 - 午後2時00分に検証番組「アニメポケットモンスター問題検証報告」がテレビ東京系6局で放送された(その後、4月16日に再放送)。そしてポケモンは放送枠を以前の火曜日から木曜日のゴールデンタイムに移動し、4月16日に放送が再開された。再開時のビデオリサーチ社調べによる視聴率は16.2%だった[9]。, なお、再開に際しては番組冒頭に同局アナウンサーが番組再開を知らせる旨や経緯、視聴時の注意を説明した放送がなされた。その後、順次再開した番販ネット局にも別途収録した文言が異なるバージョンが配布されたが、番販ネット局側でも独自に再開を知らせる旨とその局でのガイドラインの説明を挿入した。, 放送再開後のアニメではオープニングの一部や、ピカチュウの10まんボルトの表現が変更されるなど、光の強いシーンは光量が抑えられるなどの修正がなされた。また、事件前に放送されていた回も、後日販売されたビデオ・DVD版、再放送、海外での放送の際に、点滅箇所の修正がなされている。しかし、第38話に限っては修正不能と判断[10]され、ビデオ・DVD・再放送枠およびCSにて放送を行っているキッズステーションと海外にて放送を行っている放送リストからカットされ、欠番扱いとなっている。現在の『ポケットモンスター』38話目は、放送再開を記念して新たに製作され、最初に放送された「ピカチュウのもり」(話数は第39話)に代替されている。, 事件後に、ニャース役の犬山犬子と当時のポケモン制作スタッフとの対談が次世代ワールドホビーフェア'97にて行われ、ニッポン放送『犬山犬子のポケモンアワー』で放送された。その際「第38話『でんのうせんしポリゴン』の修正版の放送はあるのか?」「次回分予告で紹介され第39話として放送予定だった『ルージュラのクリスマス』は放送されるか?」というリスナーの質問に対し、スタッフは「あの回(第38話)は幻にしてほしい。なかった話としてほしい」「『ルージュラのクリスマス』の放送は必ずやるので安心してほしい」と回答した。その後『ルージュラのクリスマス』は、同時期に第40話として製作されていた『イワークでビバーク』との二本立ての番外編として放送され、短編映画『ピカチュウのなつやすみ』がビデオ発売された際に、2本立てとして再録された。, この他、放送スケジュールのずれにより、当初放送予定の季節・行事等に合わせた内容のいくつかの回が、放送順から外されて番外編扱いとなっている。, この事件以降、このエピソードに登場したポケモンのポリゴンおよびその進化形であるポリゴン2とポリゴンZは、劇場版を除くとアニメ本編には2020年現在も一切登場していない。, この事件を機に「テレビを見るときは部屋を明るくしてテレビから離れて見てください」「(子供向けに)部屋を明るくして離れてみてね」などと勧告するテロップ(数秒間表示。邦画や洋画DVDでも同じ。一部番組ではロールスーパーで流される)やアニメキャラクター達による勧告が在京・在阪キー局(テレビ東京・フジテレビ・テレビ朝日・ytv(日本テレビ)・CBC(TBS)系)を中心に各アニメ番組の冒頭で流されるようになり、アニメ制作の教訓となった。ただし、このテロップ表示は放送局の任意によるもので、NHK(NHK教育→NHK Eテレ)とTBSでは原則流れず、深夜アニメの場合は流れるケース(BS11など)と流れないケースがある。, 後に多くのローカル局でも導入されるようになり、局によっては放送局名を付け足す局もある(特にCS放送)。WOWOWの音楽番組の冒頭では、「この番組は、照明などによる光の変化の激しい部分があります。ご鑑賞にあたりましては部屋を明るくしてテレビから離れてご覧下さい」のテロップを入れているほか、特に点滅が激しい箇所では減光処理を施して放送を行う場合もある。, 劇場版作品はテレビとは異なる映像基準で作成されており、公開される映画館では、「ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の人がいる」旨の注意書きが掲示されている。事件直後の1998年に公開された『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のテレビCMでは、「激しい光の点滅を使用していない」旨の表示がされた。また、以降の劇場版ポケモン上映時には、映画館窓口に「テレビ番組の映像基準とは異なる手法で製作いたしました。ごくまれに光が原因で体に異常を感じる体質の方がおられます。過去に光が原因で体に異常を感じた経験のある方は、ご覧になる前に医師にご相談ください。」とピカチュウプロジェクト(製作委員会)名義での注意書きがされている。, アニメ以外のドラマ・映画などでも、ライトの点滅やフラッシュが大量にたかれてテレビを通すと画面が激しく点滅するような映像になったため、一部のテレビ局では該当の映像を流す前にアニメと同様に注意を促すテロップや司会者によるアナウンスを実施したケースがある。例としては, また、前述のとおり「映像や光の点滅は、原則として1秒間に3回を超える使用を避ける」などとするガイドラインが策定されたが、時折ガイドラインに違反する放送が行われたことが報じられることがある。, アニメ監督・富野由悠季はこの事件について、「問題の箇所が青とピンクの補色だったことも原因だ」との意見を述べている。またこのことについてマスコミが触れなかったことや、どのテレビ番組にも「テレビは部屋を明るくして見よう」というテロップが流されるようになったことも、無神経だと批判している。さらに光効果はセルの枚数を減らすことができるので、「安易に使いすぎている作品が増えている」とも言及している。前述のシリーズ脚本家の首藤剛志もwebコラム上で、派手な刺激で作品のさらなる成功を求める制作側の姿勢が事件の一因となった[4]、テレビアニメにおいてこれまでごく普通に使われてきた手法がつかえなくなってしまったとの声が他社などから上がった[5]、と同様の指摘をしている。アニメ監督・高松信司は自身が担当した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』において、「テロップが本編にあまりにも無配慮に流れるのが嫌だったため、アニメキャラクターによる勧告を制作した」と発言している[20]。, 赤・青などの原色を用いた背景の激しい切り替えや、強いストロボは1990年代以前からアニメ・ゲームの演出として多用されていた。そのため、本事件の発生以降、他のアニメ・ゲーム作品でもそういった点滅シーンが避けられるようになり、違うものに差し替えられるなどの対応が行われたり、アニメ作品のビデオ化・DVD化などの場合、パカパカ以外の点滅シーンが使用された。旧作のアニメでは爆発や相手にショックを与える場面などで点滅シーンが多用されていたものが、リメイク作では点滅を一切使用しないよう配慮されている(例:ヤッターマン、笑ゥせぇるすまんなど)。東映制作の特撮作品である仮面ライダーBLACKのDVD化の際にも、バンダイのテレビパワー玩具用に制作された点滅シーンで減光処理が施された。, ポケモンショック以前のアニメ作品の再放送や、映像ソフト化に当たって再編集が行われていることがあり、該当場面で突然画像が一時停止したりコマ送りになるなど不自然な編集も余儀なくされていた。また、アニマックスやキッズステーションなどのアニメ専門チャンネルでの再放送と2020年現在、日本での地上アナログ放送、BSアナログ放送、CSアナログ放送、及びデジアナ変換の終了後の地上デジタル放送、BSデジタル放送、及びCSデジタル放送と2018年12月1日以降におけるBSでの家庭向け4K・8K放送や、バラエティ番組でのアニメ作品の紹介では、再編集が行われていないケースもあり、パカパカの点滅シーンを使用するケースが多い。, ゲームソフトに関しては、点滅表現が使用されているものについては回収などの措置は取られていない。ただし、リメイク作品や過去の作品が配信される場合、点滅表現が単色画面に変更もしくはそれ自体が削除されるなどの対応が採られている。一例として、Wii、Wii U、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで配信されたソフトの一部で点滅シーンの再現が差し換えられており、この中にはポケモンの制作を担当したゲームフリーク制作ソフトである『パルスマン』が含まれている。, ポケモンショック以前にも、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)で発売された『ファイナルファンタジーV』でも、児童がてんかんの発作を起こすなど、同様の現象が発生し、スクウェア側は児童もしくは保護者に対するアンケートを行った。その後、任天堂ハードのバーチャルコンソールやプレイステーションのゲームアーカイブスで配信される際はこれらの問題映像に関しては修正されている。この際は、現在のような明確な基準が敷かれなかった。なお、スクウェア側は詳細を明らかにしていない。, 以降の事例には『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』に登場するポケモン・ミュウツーやNINTENDO64用ソフト『ポケモンスナップ』の主人公・トオルが登場するなど関連商品との連動が見られたが、この事件によって以降のエピソードの放送スケジュールが遅れたため、映画の公開やソフトの発売とはずれが生じた。, 1998年1月21日に発売が予定されたゲームボーイライトとゲームボーイカラーの発売延期などの影響が出た。, この事件は日本国外でも広く知られるところとなり、「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組(Most Photosensitive Epileptic Seizures Caused by a Television Show)」として、ギネス世界記録に認定された[21]。, アメリカではいくつかのテレビアニメで取り上げられ、パロディやジョークの対象になった。『ザ・シンプソンズ』の日本未放映エピソード「Thirty Minutes Over Tokyo」では、日本にやってきた主人公一家がテレビアニメのロボットが目を点滅させるのを観た結果てんかんの発作を起こすシーンがあり、『サウスパーク』のチンポコモンでも登場人物の一人がポケモンを模したゲーム画面を見て発作を起こす描写がある。日本未公開のコメディアニメ『Drawn Together』では、ピカチュウのパロディとして登場する謎の生物が発作について言及している。, この事件を参考に、アメリカとロシアが同様のてんかん症状を引き起こさせる光線点滅兵器の開発に着手しているとの記事が、米誌U.S. 以上が、「ポケモンショック」の全容であるが、実は当該エピソードの放送から数日後、先ほどの600人に追加して、全国で100人前後のポケモン視聴者が倒れるという事件が全国で相次いだ。 また、この事件の影響があった所為かどうかは定かでは無いが、ポリゴンは進化系を含めてこの後アニメには一切登場していない。ポリゴン自体は悪くないのに可哀想な話である。, 余談だが、2008年夏に全国東宝系にて放映された「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド・パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ」では同様の手法が採られていた事から、この事件において病院へ搬送された事のある人は関係者へ言うようにとの掲示がなされていた。, 「でんのうせんしポリゴン」の次の週の作品は「ルージュラのクリスマス」であり、ちょうど季節ネタを取り込んだストーリーであった。しかしながらこの事件でアニメポケットモンスターの放送が中止となり、後々になって番外編として真夏に放送された。, ちなみにルージュラのデザインは海外で人種差別のタブーに触れる懸念があり、海外の映像ソフトではルージュラの登場回を欠番扱いにすることが多い。, 入院者が出る等の直接の被害が出ていた例は数にすればあまり多くは無いが、このポケモンショックの約9ヶ月前(1997年3月29日、第25回)に、NHKの『YAT安心!宇宙旅行』において同様の手法が使われており、これによって数名の児童が病院に運ばれていた事が、後になって判明した。, この件が発生した時点では(後のポケモンショックに比べて)被害規模が小さく、NHKでは原因究明に至る事が出来なかった。そのため大々的に表に出る事がなかった。「この時にしっかり原因究明できていればポケモンショックは防げていたのではないか」という指摘もある。, 問題のシーンが含まれるビデオ等は、ポケモンショックの後に自主回収が行われている。 ID: /pFjzh077q, 2020/09/29(火) 12:51:38 ID: 5/s3p3YV1g, 2020/11/02(月) 00:01:22 事件や事故に配慮して差し替えとなった作品 ※平成以降のアニメのみを対象にしており、また事件や事故とは関係のない視聴者からのクレーム、一部シーンのみの差し替え、テレビ局の倫理規定による自主規制や制作側での規制による放送休止などは含んでいません。 アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで先行公開されたアプリポケモンgoが爆発的大ヒットを記録した。アメリカでのダウンロード者は既に6500万人を越えている。今までとは違うゲーム性通常、ゲームと言えば室内で攻略するのが基本であったが、今 wtkb ドッキリ仕掛けられるkbnさん 生放送なのに倒れてあわや放送事故になりかけるが、視聴率がえげつなく何度も再放送される . 放送事故レベルって事か。内容が気になるな。 — rinohiro (@rinohiron) 2014年12月14日. ポケモンGO愛好家であるユーチューバーのJASHがポケモンGOとまさかのお別れ!?動画投稿を楽しみにしていた人も多い中、何故「さよなら・・・」と告げたのか? 問題となった動画がこちら この動画を見たみんなの反応は? 94: ピカチュウ (中止 8d5c-zRYm [126.86.187.192]) ID: sYgqJAEB+I, 2020/09/23(水) 08:32:56 ID: fb3+niHsrv, 2020/12/01(火) 17:01:31 12月18日(金) 宮崎市の養鶏場で鳥インフルエンザ疑い. 12/19(土) 12:00. 放送中、明石家さんまがスタッフにカンペで「ポケモンgoの話題はng」という指示を出されるシーンもみられた。 ・さんま「ポケモンモンスター」 その後、スポンサーが切り替わってスマホゲーム会社が無関係になったため、明石家さんまは改めて「ポケモンGO」の話題に言及した。 しかし全てを回収し切った訳ではないようで、一部のレンタルビデオ店等には問題のシーンがそのままあるビデオが残っている場合がある。 フジテレビ放送「ポケモンgoが変えた世界」のジョン・ハンケ氏全メッセージと内容をまとめました。ハンケ氏がポケモンgoに込めるメッセージやポケモンgo開発者のこだわり、ポケモンgoを使った取り組みなど、ポケモンgoを楽しむユーザーにぜひ見ていただきたい内容となっています。

読書感想文 書き方 小学生 高学年 ワークシート, ラジコン 飛行機 操縦 コツ, Line 友達追加 既読にならない, ナナフラ 智属性 ランキング, 少子高齢化 原因 わかりやすく, 3パーセント ドラマ シーズン4, 天王寺 美容院 ショート, あつ森 区画整理 できない, 名古屋 港区 ラーメン,